FC2ブログ

クルーの今は?

2011年03月10日 08:00

医療機器のデザインはもう20年以上続けていて、建設、建築、産業機械は、クルーの得意分野です。また近年ではセキュリティー機器やスポーツ用品なども楽しくデザイン(商品開発)させていただいています。

satomane.gif

一番変化したのは、仕事のテリトリーの広がりで、商品開発全体をマネージメントしながら、デザインを行うことが多く、経営者、またはプロダクトマネージャーが率いる仕事を、脇から、裏から、前から、後ろから、さまざまな形で応援し、商品開発のシナリオをつくり実践して行くことが多くなりました。

このデザインマネージメントも、前述した大原鉄工所さんの「ゲレンデ整備車両」開発経験がもとになっています。ありがたいことです。

dfmodel.jpg
dftest01.jpg

余談ですが、AXISでの発表に時には、全て開発記録とデザインのプロセスやノウハウを、ボードで開示しました。

axis01.jpg

その時、多くの自動車メーカーの方々がこられ、丁寧にボードの写真を撮影されていたのが印象的でした。「撮っていいですか?」と聞かれるメーカーさんと、黙って撮影されるメーカーさんがあって、 「ははぁーなるほどね!」って、なんとなく合点がいったことを思い出します(苦笑)。お互い気を使いあいましょう!

智恵の活性化が大切
よく問われることは、「こんなに大切なことを見せて平気なの?」って、質問です。僕は大丈夫だと思っています。理由は下記の3点です。

・オリジナリティーと言うのは強いのもので、「磨き上げ」するモデルはオリジナルを超えることが難しいこと

・知識やノウハウは開示し、それを他者が洗練させることで、社会全体の進化が起こること

・オリジナルをつくると、それを破壊してイノベーションを起こし、新たなオリジナルが創れること

つまり、「 守 破 離 」そのものなのですね。

それに、もともと僕自身も先輩たちの真似をして育ってきたんですからね(笑)ですから、皆さん!大いに考えを披瀝し合いましょうョ!
スポンサーサイト





コメント

  1. goodtime-masuho | URL | M3CktbYY

    ブログ拝見しています

    やまなしモノづくりデザイン塾ではお世話になりました。
    その後もブログ楽しく拝見しています。

    ゲレンデ整備車なんて巨大なものも
    デザインされてるなんてすごいですね。

    馬場先生のような方にぜひ、
    日本の林業機械もデザインして頂きたいですね。
    国産林業機械は欧州製に比べるとまだまだ改良の余地ありだそうです。

    小さな市場ですが、小型で高性能な日本仕様の林業機械を
    開発するメーカーがもっと出てくれば、
    日本の林業も再生するかもしれません。

  2. オープンにされている根拠、すごくわかります。
    隠し立てするエネルギーがもったいない(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/60-245851a3
この記事へのトラックバック