FC2ブログ

僕のクルマ履歴 1

2011年03月01日 08:00

父親の乗っていたクルマに寄せるノスタルジックな思い出から、いよいよ自分でクルマを運転する話に入ります。

青春グラフティー
学生時代に免許をとった後。あの当時の国産車はほとんど乗った!と言っても過言ではないくらいです。友人がクルマで来た!と聞けば、とにかく免許証を持って、首都高を飛ばす!青山通り、六本木、渋谷あたりを流す。ちょっと遠出なら湘南海岸。と言うのがお約束です。

青年にとってクルマは無くてはならないもので、他に代えがたい神々しい生き物のようなものでした。でも、その神様はとても危険な存在でもあります。

高校時代にさかのぼります。まだ軽免許制度があった時代の話。仲のいい友人が高校の卒業を控え、スバル360カスタムに乗り箱根にドライブ谷から転落し3人死亡、車内からウイスキーやタバコがたくさん出てきて・・・切なかったです。同じ時期、同じ場所に僕は違う仲間と箱根の強羅にスケートを楽しんでいました。青春時代の痛ましくも、ほろ苦い思いでもあります。映画「アメリカン・グラフィティ」を見ると、愛惜の感情が沸き起こるのは団塊世代の特性でしょうね。

手当たり次第のクルマ飢餓状態
学生時代は、やんちゃな3番目の兄が乗ってくるスカイライン2000GT(54B)は、鈴鹿で勝つために急遽1500ccのボディーを2000ccエンジンが載る様にフロントを延長したことで有名です。

NISSAN SKYLINE S54 - 1965
Photo by MIKI Yoshihito

プリンスの誇るOHCエンジンは、ウエーバー気化器の助けもあって、ガルルルル・・・って感じで、暴力的ともいえる加速力だったことを今でも身体が覚えています。実は今でも欲しい車の一台で、所さんの54Bを見る度に「いいなぁー」と思います。

あとはハコスカ、トヨタMK2 GSSはじっくり乗りました。チョイ乗りは数知れず、友達のべレットGT、410SSに始まり、クラウン、コロナ、カローラスプリンター、パブリカ、セドリック、ローレル、ブルーバード、サニークーペ、カペラ、ファミリアクーペ、フローリアン、ホンダ1300、フロンテ、ジムにー、N3、スバル、ミニカ、ミセット・・・キリがないのでこの辺で・・・(苦笑)

sccf07kccf14sccf76DSC_0144sccf33

アメリカ車のシボレーコルベアなんてクルマもありました。走行安全性に問題ありとマスコミに騒がれ早晩姿を消すことになりますが、欧州車の香りがあるエレガントなデザインは大好きでした。

05020027

あぁー、何でもいい!とにかく自分たちを乗せて、どこかへ運んでくれることが嬉しかった!友人とお金を出し合いガソリン代を工面し、コーラとハイライトがあれば空きっ腹は何とかなった。エンジンの唸りとタイヤの叫び、オイルの匂い・・・心は桃源郷に飛びましたね。

父親のクルマが、とうとう国産車になったのもこの時代です。セドリックは、社用が終わった後、夜引き出す快適な広々デートカーです(笑)余談ですが、今、「48PRODUCT」で頑張っているJrは、一時僕が所有していたメルセデスのSLKをデートカーに使ったようです(笑)。なんと贅沢な!

つづく
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/52-15606ae8
    この記事へのトラックバック