FC2ブログ

「ファン」を創る力 6

2011年02月08日 08:00

ファン創りは「感動コミュニティー」を生む

私は、ファン創りの工程から得られる結果を、「感動コミュニティー」と言っていて、クライアントから受けるデザイン開発と、各地で行われる「感動商品開発」の研修で、具体的な実践手法で、コミュニティー創りの指導をさせていただいています。

結果として自分の身内のように思うファミリーをつくれれば、ファミリーは、あなたのモノづくりに強いシンパシーを感じて、応援してくれるようになるはずです。最強のブランディングだと思いませんか?

しかし、「教導」「共鳴」「共創」情報を仕込むことを、単なる販売促進手法として捉えないでください。または、市場導入計画として、開発工程の最終仕上げにおくのではなく、モノづくりを通じての仕事であると思ってください。

その観点から今、経済産業省とJETROが推進している「感性価値デザイン」は、下記のようにファン創りの本質を見事に表しています。

感性価値とは?
人とモノの間に、“心理的なベルト”がかかることで“発露”する「感性価値」は、機能や価格に依存する従来の「商品価値」を超える新しいモノづくりのビジョンであり、日本の競争力の新たな価値軸。モノにこめられた「物語」が使い手の感性に働きかけ、「経験」や「記憶」が呼び起こされることで、両者に心理的な応答関係が育まれ、それが「共感」や「愛着」につながっていく。このプロセスが生み出す人とモノの新しい関係性が、つくり手と使い手のそれぞれに新しい価値をもたらす。
感性価値デザイン展RESONANCEカタログ(金沢21世紀美術館)より抜粋

どうです?感動しますね。

・・・しかし!デザインの専門家であれば、「あーなるほど!」と理解できるものの、肝心の中小企業経営者は、自身で実践できる具体的開発プログラムがない限り、一歩も前に進まないのです。そんな現場を、私は、毎日、毎日、見ていて必死に応援しています。

そこにある大きな障害とは?
・プロダクト、空間・環境、コミュニケーションの3種のデザインを統合してコントロールすることはもちろん、コストと機能の組みあわせをコントロールする生産部門の価値の共有がなければ、つくり手と使い手に「共振」を創ることができないこと

・現在、「感性価値デザイン」事例の解説段階にとどまっていて、そこから中小企業の組織が一体となって使える具体的実践手法に具現化されていないこと

「安くなければ売れない!」と、狂信的に思い込んでいる流通と販売にこそ、強烈な“心理的ベルト”を掛けないと、商品のデビューさえ出来ないこと

これらの一助になるフレームワークが、「感動コミュニティーマップ」
どうか、皆さんの実践力で「感性価値」を高めて、良いビジネスを展開してください。

ここで一旦、中小企業のモノづくりで大切な3つの力を完了します。・・・と言っても、なんとなく分かったようで、という気分だと思います。少し時間をいただき、クルーで実践し指導させていただいている手法を、具体的開発事例でご紹介する予定です。
スポンサーサイト





コメント

  1. スタイヤー | URL | h9jd6YzI

    「ファン」を創る力

    いつもお世話さまです。今回も興味ある内容でしたので、投稿をさせてください。
    ファンを創る大切さは我々デザイナーや企画マンなどには周知の事実かと思います。しかしながら、肝心の経営者にはまだまだ理解頂くことが難しい状況も少なくありません。
    弊社も同様です。民生品であればまだしも、設備を製造販売していますので尚更こうした状況を打開する事には逆風が強いわけです。
    インハウスデザイナーの私がこうした状況を打開する際の方法は2つあります。
    ①「デザインコンセプト」を明確にして社内(営業マン、技術者)と社外(お客様)に発信した上でアンケートなどを用いて、「多少投資が嵩むが、このデザインで行くことは妥当である」という既成事実を作ってしまう。
    ②いくつかの開発テーマの中でワザと捨てるテーマを決める。→あえて今回のデザインの刷新は必要ナシという調査結果にまとめる。
    ②は多少乱暴な方法かも知れませんが、常に大きな投資の必要とするデザインや製品仕様を採用するのではなく、「ここ!」というテーマの時の為にエネルギー(会社や経営者の)を温存しておく。。
    つい最近も②のような方法で新製品の開発を見送りました。
    ついデザイナーや企画マンの視点からは「力が入ってしまう上流工程」で、フッとパワーを抜くというわけです。
    多少論点のずれた内容となってしまいましたが、最近使う私の「作戦」の1つです。
    皆様のご参考になりましたら幸いです。

  2. 馬場 了 | URL | -

    Re: 「ファン」を創る力

    熱心にお読みいただきとてもうれしく思っています。発信する側も熱が入ります(笑)。又、今回は取っておきの秘策も開示していただき、読書の皆さんも参考になったと思います。

    ①の対応はデザイナーの本能として真剣勝負をしますよね、
    ②はなかなか出来ることではありません。私も実は似たようなことをやったことがあります。これは仕事だけではなく、対人間の交渉術にも通じますね

    これをお読みの皆さんも。「こんな良い方法がある」など、教えていただければうれしいです。

    次回から新シリーズに入りますふが、その前にちょっと軽めのお話をしたいと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/41-4e5eb9c8
この記事へのトラックバック