FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モ・コ」と「ナガレ」の効果のほどは?

2018年02月06日 16:06

今日は神戸で初めて実施した「3×4」の開発3要素「ヒト・モノ・バ」をリ・ニューアルした「モ・コ」と「ナガレ」の効果のほどをご案内します。

元気ブログ読者のみなさんは、21017神戸ものづくりイノベーション研修「ケミカルシューズがつくる神戸の○○な暮らしデザイン」についてはご承知だと思います。生活を一変させるイノベーションのためには、優れた製品開発だけでは“そこに”届かないために、モノがつくるコト=体験の「モ・コ」開発と、「モ・コ」と出会う感動バの体験=「ナガレ」開発が欠かせないことが前程です。

下図は、モノにコトを添えた「モ・コ」構想と、買われて行くミチスジを発想する「ナガレ」構想を表しています。
hitomokonagare.jpg
“位置情報がとれる靴”というGPS機能がついたシューズ「モノ」の発想がでました工業化社会の商品開発であれば、ものづくり(製造業)が主導する製品開発から入る順番で合格です。後は、さらにどんな靴の構造で、どんな機能を持たせて・・・と、機能開発となりますが、これではイノベーションがおきにくいので、この研修ではモノの開発は後回し、「モ・コ」開発と「ナガレ」開発のセット構想を最初にやってもらいます、

こんな具合です。

→GPSシューズが創る「コト」開発とは?
・・・神戸に土地勘のないゲストでも、特別な準備をせずに遊び(仕事)来ても、ストレスなく神戸を隅々まで楽しめる「GPS情報を活かした体験型観光事業」を構想しよう!

※イノベーションは、こんな「体験型観光事業」を起こしたいから、「GPSシューズ」というデバイスをを開発するのだ!という発想の順番が起こし易い!

→GPSシューズの売り場開発とは?
・・・間違っても、販売を靴売り場に任せる!などと既存流通に頼る考えは止めて、コトの価値をさらに向上させ買われて行く「ナガレ」を開発しよう!
・・・対象者が神戸に出入りするあらゆるポイント(関所=駅・港・空港・街の入口・案内所)に置いて、ご利益を紹介し自然に使いたくなる「流通販売のミチスジ」を構想する。

その結果、ケミカルシューズ製造と卸売りと小売りを縛る鎖を断ち切り、「楽しく神戸を闊歩することを応援する産業」が生まれるのです。これは地域や小さな企業でもできる!見事なイノベーションではないでしょうか?

20180126_003.jpg

結果、GPSシューズという「モノ」が内在するはたらきを十二分に活用することで、新たな使用体験という「コト」と、新規流通販売事業を一体化した「ビジネスモデル」をデザインすることとなります。それは、シューズという製品意匠をデザインする名詞デザインから、製品が生み出す素敵な体験と買われて行く道筋を創造する「動詞デザイン」への大転換です。

この思考に転換できない人の共通項は!ブレイクスルー時点で、「できるだろうか・・・?」を先に考える生真面目さです。うまく行く人は、「現実化だって?そんなものは後から考えれば良いさ」・・・などと、どれだけ「ぶっとんだ発想」ができるか!に集中できる人です。現実化は後からブレイクダウンすれば良い。他人事のように無責任さを持つことです。

とりあえず実験は成功!・・・かな?
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/262-94962c80
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。