FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインの「解放」神戸ものづくり塾 プレ講座 4

2017年01月13日 08:00

今回は「デザインマネジメント」について

「デザインってやっと理解仕掛けたのに、今度はマネジメント?大変だ!」そんなことを言わないでください(苦笑)簡単に言えば「デザインマネジメント」は・・・

<お客さんに持って行ってもらう「ご利益=ゴリヤク」と、自分が確保したいと目論む「利益=リエキ」を、商売(マネジメント)の観点から、「より向上させ、より良いバランス創る」という考え方と手法のことです>

如何ですか?何時も考えていることと本質的には変わりないですよね(笑)
私はデザインマネジメントの研究家として、デザインがなかなか中小企業に普及しない原因が「デザインマネジメント」不在にあると思っています。今、ドラッカーさんがご存命ならどのように仰っていただけるだろうか?興味がつきません。

「×(バイ)」はクロス、顧客ご利益と企業利益が両立できる

そのために、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>では、お客さまに差し上げるご利益(便益=ベネフィット)づくりと、自分の商売で得る利益づくりを、相反させない仕組みを持っていることです。これを「×(バイ)」と言います。「ワカルデザイン」では次のように紹介しています。
わかるデザイン46−47より抜粋
クルーテキスト「ワカルデザイン」より抜粋(画像はクリックで拡大します)

デザインは理想ばかり掲げ、利益を損なう?
「デザインをするとカネがかかり利益を損なう」とか、「デザインはとかく理想を言っていて折角設計ができたのにひっくり返してしまう」・・・とか、企業さんのボヤキを耳にしますが、それは「デザインマネジメント」という観念がないことと、マネジメントする専門家や手法がないからです。

私は現在、日本大学藝術学部で学生たちに「デザインマネジメント論」の講義と演習を行っています。学生のうちから、デザインがビジネスの活動できちんとその力を発揮できるようにしてもらいたいと思っているからです。

今日のブログ上のプレ研修で、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>の骨格を紹介しました。これでデザインが異端の思考や手法ではなく、商売の基本的な進め方と何ら変わりがないことを感じていただいたと思います。来週からまた新たな段階に入って行きます。どうぞお楽しみにしてください。

■神戸の研修に興味のある方は下記へご相談ください
神戸市経済観光局 経済部 工業課
e-mail : kogyoka@office.city.kobe.lg.jp
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/232-9003ef32
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。