FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神戸」は日本近代化の最先端地域だった!

2016年12月28日 08:00

神戸には多くのものづくり企業が集積しています。1868年(慶応3年)神戸(兵庫)開港、1974年(明治7年)大阪〜神戸間に官営鉄道が開通(新橋〜横浜間開通から2年後)、以来、客車製造、初の国産マッチ製造、川崎造船、三菱重工、小林製鋼所(神戸製鋼所前身)などの開設、後のタイヤ、ゴムベルト、履物に繋がる神戸ダンロップ護膜の設立など、そのまま日本の近代化の歴史を切り開く華々しい発展を遂げて行きます。

KASAWAKI KR250

誰かのための「別品」づくりは何時から始まった?

特に戦後は、神戸のゴム履物が、東京・大阪・岡山の大手企業にシェアを奪われ、昭和27年頃に、塩化ビニールを用いた新製品「ケミカルシューズ」を誕生させます。昭和45年頃迄は全国の97%を締めるようになりました。その理由にこそ、神戸が誰かのために「別品」を創れる遺伝子=知的資産が脈脈と受け継がれているのです。以下に掲げた発展理由は、いまだに最先端のデザイン(マーケティング)の基本中のキホンです。神戸は極めて自然に誰かのため!の「別品」を開発する能力を育ててきたのです。その誰かのためを明確にするのが<ターゲットプロフィールシート>によるペルソナの設定です。

ケミカルシューズ業界発展理由神戸市経済観光局 経済部 工業課 調べ)
・小規模企業中心で個人の好みと流行に合った多品種少量生産を身につけていた
・外国貿易を通じて海外の情報がいち早く手に入れることができていた
・京阪神の一角にあって大都市の市民ニーズが把握できていた




ターゲットプロフィールシートで「ペルソナ」を設定しよう

「ものづくり塾」で取りあげる“開発アイテムはまだ未定ですが、決まっているのは、神戸に毎日6万人以上来られるゲストを対象に、「別品」をご提供することです。海外から、国内から、老若男女さまざまな方々が、空から、海から、陸から、ワクワクを胸に膨らませ神戸に来られます。商品開発のイロハの「イ」は、国内最高シェアのケミカルシューズ開発して来られた先人たちが行ってきたように、お客さま像を明確に描くことから始めます。1月19日の研修では、最初にお客さまになっていただきたい人=ターゲットのペルソナを描くところからスタートします。

イメージしてみませんか?

研修を受ける方、検討されている方、デザインに関心のある方、ちょっと時間のあるお正月休みに、誰にためにものづくりをするのか?添付した「これから顧客シート」に、気楽に書いてみて、あなたの頭にある顧客イメージを観察してみてください。

profset.png

今日で2016年の業務を締めさせていただきます。しばらくお休みを頂いた「元気な企業を創るデザイン」ブログも再会いたしました。年明けからももう少し「神戸のものづくり塾」の事前研修を行ってまいります。

■神戸の研修に興味のある方は下記へご相談ください
神戸市経済観光局 経済部 工業課
e-mail : kogyoka@office.city.kobe.lg.jp




ご挨拶
今年もお世話さまになり本当に有り難うございました。(株)クルー一同、お礼を申し上げます。来る年も、みなさまに取って、希望に満ちた佳き年でありますように祈念いたします。            

2016年12月28日

12月29日よりお休みをいただき、2017年1月5日より業務を開始いたします。それでは素敵な冬休みをお楽しみください!

スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/226-fb465041
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。