--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人のカリスマと3つのあかり ~良質なあかり~ 1

2015年03月17日 17:08

カリスマと「発想」した「良質なあかり」第3弾!は、「有機ELといえば山形」を牽引される山形県知事「吉村美栄子さん」です。

「陽のあかり」
カリスマが発見したこととは人の隣に寄り添う「陽のあかり」でした。そのワケとは?
力ずくで照らされている感じではなく、対象物自体が優しく光を放っている・・・。だから長時間使っても疲れないですね。照度が高いあかりで対象物を照らして見るのではなく、有機ELで照らされているそれ自体が、光のエネルギーを受け優しく光を放っているように感じます。だから長時間使っても目が疲れずに明瞭に見えのですね。まるでお陽さまの光を借りて輝くお月さまのようです。有機ELの「良質なあかり」を、外出先と住まいのどこでも手軽に使える「お陽さまのあかり」があったら良いですね。

吉村美栄子(よしむら・みえこ)
平成21年山形県知事就任。平成25年無投票再選/山形県知事として活力ある地域を創生する女性リーダーとして活躍中。草木染めやペインティングなどを好み「有機EL」の積極的な普及促進に努めている。

yamagatachiji.jpg

さすがカリスマの優れた感性です!実はこれこそが有機ELの最も特徴とする「良質さ」なんです。しかしこんな報告が未だにあります・・・。

「マイナビニュース」 山形ブースの紹介もされていますからご覧下さい。>>>記事はコチラ

LEDと有機ELを比べたとき、高演色性では有機ELが勝るとされてきた。一方、寿命や効率でLEDに劣るためまだ実用的とはいいにくい。今回のライティング・フェアでは、高寿命化への取り組み(4~5万時間となり実用レベル)や、使いやすさを追求するためのパネル・部品化の展示が見られた。現在、有機ELの泣き所は、絶対的なパワーだ。出展社の一部からは「有機ELも展示しているが、製品として利用するには明るさが足らないので、市販は当分できないかもしれない」という声があった。多くの方々がそのように考えているとしたら・・・やっぱり使って頂くしかないのですね(苦笑)。照度と質は全く比例しないのです。一度でも有機ELを体験すると、LEDのギラギラ感が気になり始めます。つまりあかりの感性が開発されるのですね。ライティングフェアと、このブログには有機ELの秘密の解き明かしと使い方が満載ですよ(笑)

カリスマ曰く・・・「手軽に使える「有機ELのあかり」があれば、用途に合わせて使いこなしたいと思っていました」家で寛ぐ時間はあかりでのリラックスを心がけてすいます。しかし資料や文献をチェックするときに適したあかりが無いのです。有機ELのあかりを使ってから疲れが少なく、しかも細かな文字が明瞭に見えて助かります。自然な光を放つ有機ELで、ついついお気に入りの図録を長時間見入ってしまいます。

用途に合ったタスクライトに出会えなかった。カリスマの経験をもとに“使う方の目的と効果に適ったあかりセレクション”をテーマに開発をしました。山形の提案は、OLEDライティングユニット「クイックパッド」と、アームシステム&ベースセレクションで構成するセレクトシステムです。あなただけの「良質なあかり」プロダクトをデザインしてください。

cerect.jpg

暮らしで灯す陽のあかり「クリエーションライト・シングル」
読書から執筆そしてホビーワークまでさまざまな創作活動は、「良質なあかり」を計画することから始まります。人類が初めて手に入れた「面発光のあかり」は有機ELだけが持つ特徴で、執筆時や創作活動で最も気になる手暗がりと、光の反射による対象物のギラつきを最小限に押さえることができ、目にかかる負担が少ない「良質なあかり」です。

midashinami.jpg

暮らしで灯す陽のあかり「クリエーションライト・ツイン」
手暗がりを防止ししつつ照らす対象物を立体的に観たい。2カ所の対象鬱を交互に観るこなど、ホビーの創作や、文献・資料などを見ながら執筆するなどのシーンをサポートするあかりです。ベッドサイドのあかりとして二人同時に使えます。又、パートナーが寝んだ後は、優しい和紙風のシェードで遠慮なく読書を楽しむことができます。

hinohikaritwin.jpg

暮らしで灯す陽のあかり「身だしなみライト」
自分の肌の色や艶をきちんと把握できている方は案外少ないもの。「身だしなみライト」は、お陽さまの光に最も近い“なだらかな発光分布光”ですから、普段から自分本来の肌の色艶状態を把握できます。最適な化粧や身だしなみは、普段のお肌の状態を知ることから!「身だしなみライト」はあなたがあなたらしく光り輝く応援をします。

山形県知事 OLED

暮らしで灯す陽のあかり「フロアライト」
「良質なあかり」をリビングルームに一燈灯してください。好きな音楽を聞きながら小さく読みにくかった作曲家のプロフィールと作品の解説を読む。上質な美術書の本物の色を浴びる喜びに浸る。小振りのテーブルにはその時の気分に合った飲み物を置く・・・OLEDの「良質なあかり」の下で一日の上質なひと時を堪能してください。

有機EL フロアライト

つづく

スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/213-005e9872
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。