FC2ブログ

3人のカリスマと3つのあかり ~創る観るあかり~ 2

2015年03月13日 11:14

「観るあかり」 
作家が仕込んだ「美」を鑑賞するためには、同じあかりの「小さな美術館」で観ていただくと良いですね
「作家が人形創作に込めた意図と美しさを感じて頂くには、創るあかりと同じ「良質」なあかりで観て欲しいと思っています。美術館のあかりには最適ですね」「新作発表会やショップの展示什器は勿論、ご家庭でご自慢の作品を鑑賞する『小さな美術館』として活用すると、暮らしがとても上質になると思います」

Mataro kanabayashi
真多呂人形 三世 金林 真多呂(かなばやし・またろ)

真多呂氏の想いを受けた私たちは、木目込み人形がもっと美しく見えるあかりの舞台を用意しました。胡粉で仕上げられた人形の肌は人の肌と同様に、演色性に優れたあかりで観てこそ美しさが際立ちます。「有機ELといえば山形」に参画する先端企業と、木工芸、伝統工芸作家がコランボレーションしていただきました。

_MG_2799.jpg
松崎 幸一光(中下)鈴木 順一郎(中上)加藤 威(左)金林 真多呂(右)敬称略

小さな美術館「アート・ライティングボックス(S)」
artlihtingboxmini.jpg

対象物全体を包み込むように、あかりが箱の中を隈無く回る優しい美しさを堪能してください。箱の背面は撮影スタジオのようにホリゾント形状になっていますから、そのまま撮影用ボックスとして使えます。

小さな美術館「アート・ライティングボックス(W)」
artlightingboxw.jpg

ここでは、「三世・金林真多呂氏」が意図した「美」の世界を余す所なく表現しました。大型「クイックパッド」のあかりは床の反射ミラーを伴って、木目込み人形の表情を豊かに描き出します。

小さな美術館「ホビー・ライティングトンネル(フルカラー)」
tnlightcase1.jpg

900ミリの長いトンネル形状の展示ボックスは、鉄道車両の展示やミニカーとシナリーの展開が楽しめます。セットされた灯はなんとフルカラーOLED!

tnlightcase2.jpg

夜明けから夕暮れまで一日の情景を豊かに演出してくれます。会場ではじーっと見入っておられる方や、これ一式売ってください!なんて方も・・・(笑)。

小さな美術館「アート・ライティングステージ」
アートステージ 兜

ステージ四方から照らすことができるアートステージは、作品の特徴と演出目的に適った最適な演出を可能にします。OLEDライティングユニット「クイックパッド」は、4種類の中から最適な光のタイプが選べます。ダクトレール上で「クイックパッド」を任意にスライドさせることができるので、学芸員の方々にとって演出計画の可能性も広がりました。

小さな美術館「アート・ライティンググラック」
artrale.jpg

ダクトレールにセットするだけで商品を美しくディスプレーできる「照明一体型ラック」です。ダクトレールさえあればショップの展示計画も想いのままです。紫外線を含まない有機ELのあかりで大切な商品を思う存分美しく照らし出してください。

製作:株式会社石澤製作所・株式会社古里家具・株式会社有美堂
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/212-7f87b1d7
    この記事へのトラックバック