FC2ブログ

未来の指定席を予約する

2010年12月17日 13:41

過去から現在に至る動向を分析して未来を予測する。一見合理的なようですが、何か合点が行かない、そう思った人は少なくないと思います。分析製度を上がれば上げるほど、みな同じような予測になります。その証拠に同じようなスペックとデザインの商品が、市場に並ぶんですね。べつに産業スパイがいるわけではないのです。

kauto.jpg
smartphone.jpg

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で、敵役のビフがひょんなことから、1950年から2000年のスポーツの結果が記された「スポーツ年鑑」を手に入れます。未来のスポーツゲームの勝敗を知り、スポーツ賭博で大金持ちになり未来を変えて行く・・・こんな筋額だったと思います。

8e629ceb.jpg
イギリス版のブルーレイにはオマケでスポーツ年鑑が付いてくるとか。これであなたも大金持ちに!?(笑)

もっと古くは、タイムマシンやタイムトンネルなどの映画で、好きな時代に飛んで・・・など人は潜在的に、未来の先取りとやり直しに、強い願望を持っていますね。ですから「もし・if」というテーの小説が根強い人気を持っています。

さあ、もしも「未来を創ることができたら」としたらどうでしょう。
僕はデザインの開発法でそれを独自の考えで実践しています。ちょっと基本的なやり方をお見せしますね。

現在を把握する

欲しい未来のもっと先を発想する

描いた未来に跳んで振り返り欲しい未来を発想する


基本姿勢は、好ましい未来を発想することと、一旦実現したい未来の先に跳躍して、そこから通り過ぎてきた中間未来を過去のよう眺めて発想することです。

一見荒唐無稽のような考えですが、明るい未来を手に入れたいと願う人の心に従順で健全な思考だと思っています。窮屈で暗いレクイエムシナリオの未来分析予測よりも、ずっと気持ちの良い発想予測です。

さあ、あなたも自分が座るべき未来のファーストクラスシートを予約しましょう!

※この考えは、「3×4」デザインプログラム?の手法としのフレームワークとして定義され、さまざまな企業の商品開発で実践されています。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/21-fa630d27
    この記事へのトラックバック