--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クイックパッド」が有機ELの世界を変える

2015年03月10日 10:45

有機ELを電球のように使いこなしたくて世界で初めてOLEDの「ライティングユニット」を仕上げました。それが「クイックパッド」です。有機ELのあかりを使いこなすための基盤となる提案です。これは以下のような特徴を持っています。詳細は今後機会をみて・・・今は特徴の項目だけをご紹介します。

クイック1 電球のようにクイックに着脱できる
クイック2 パッドの外観イメージをクイックに変更できる
クイック3 さまざまな OLEDをクイックにセレクトできる


quickpad1.jpg

これは実に大きな反響を呼びました!ブース正面にクルーの48PRODUCT事業部が提案する「ハウスインナー」を設え、そこをクイックパッドショップに見たてました。クリアパッケージに納められた各種のクイックパッドをご欄になって「あっ、もう発売されているんだ」と口にされたお客さまが何人もいらっしゃいました(笑)。これぞ仮説を素早く可視化してニーズ調査を行うデザインの手法です。クルーは商品開発の初期段階で複数の「バーチャルカタログ」をつくり、顧客とディスカッションして「共創」する開発を行っています。今回は「バーチャルパッケージ」というわけです。

着脱式OLED

市場は大変好意的に受け止めてくれました。まだまだ多種類の課題が山積していますが、新たな時代の先頭を切って有機EL市場を開発し続ける「有機ELといえば山形」の面目躍如をいったところです。

クイックパッド 有機EL

「クイックパッド」は、今回の提案である「良質な“あかり替え”」を実現するためには不可欠な解決策でた。他社もこのようなOLEDデバイスの着脱を何らかの形でつくり提案がなされていました。確実に時代の方向性が定まった感があります。山形ではその「クイックパッド」を使い、カリスマとともに発想する3つのあかりの提案が成されました。

次回はその3つの中身に迫ります。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/209-aced352d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。