FC2ブログ

ライティングフェア・山形ブースへのご来場有り難うございました!

2015年03月09日 19:42

有機ELは「今、使えるあかり」になった
お陰さまでライティングフェアは盛況のうちに幕を閉じました。フェア前半は有機ELとLEDを同じ土俵で数値的に比較され、「どうしても優位性が見いだせない・・・」と言いながら、それでも“有機ELを使う必然性”を求めて来場される関係者の方が多かったような気がします。

ライティングフェア

最終日が近づくに連れて・・・特に終了1時間前は様相が一変しました

・ 有機ELの不思議さを体感しその可能性に軽い興奮を感じた方
・ すぐに「買いたい!」と言い出され担当者を伴い再来された方
・ 説明に的確な質問をされ自身の課題を提示し積極導入を検討された方

2年前と明らかに違う現実が現れました。“次世代のあかり”から「今、すぐ使えるあかり」に育ってきたのです。

LEDでは決して求められないことをデザイン的思考で表すと・・・

「対象物を照らし反射光の明暗で存在を際立たせるのではなく、照らされた対象物自体が全体に発光するが如く存在を表す」

情緒的な表現ですがヒトの脳がそのように認識するのです。その最大の理由は、人類が発明した唯一の「面発光光源」であるという点に由来します。対象物を明るく感じさせるには影により明暗をくっきり見せるのが最も効果的ですが、明暗の差がきつすぎるとヒトはストレスを感じます。有機ELおあかりはその影が出来にくいのです。有機ELが灯る山形ブースに来られ「何故か居心地が良い・・・」と長時間滞在される理由はその点にあるようです。

lf02.jpg

次は具体的な展示とデザインのお話をします。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/208-c2d15d9d
    この記事へのトラックバック