--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機ELのある暮らしの提案 1

2013年04月05日 11:55

有機ELのプロダクト紹介ではない!
ブースのデザインコンセプトは、有機ELがあるライフスタイルを実感していただくことを目指しました。つまり有機ELのプロダクト紹介ではない!生活の提案なのです。「えっ、展示会なのに!?」と思われるでしょうが、だからこそです。今、有機EL照明に目立ったニーズがないからこそ、生活空間の中で、見に来られた方それぞれに、有機ELのある暮らしを発想して欲しかったのです。つまり商品にライフスタイルの仮説を語らせたのですね。そしてお客さまの潜在ニーズを挑発したのです。何時も言っているように、ものをデザインする前に、そのモノが欲しくなる状況をデザインする。ということに通じる考え方です。

そのために余計な装飾はできるだけ排除し、ノイズのない住空間を再現しました。他のブースがLEDのギラツキ感がある「これでもかブース」ばかりで、山形ブースは品良く(笑)密かに佇んだ風情ですから、余計に「あれ、なんだろう」という人寄せ効果があったようです。

山形有機EL

メーンテーマは“未来のあかりを私たちの生活に”です。
そこで、有機ELのはたらきを、「もてなす」「よそおう」「くつろぐ」「いたわる」という4つに定義しご提案しました。学生たちに日頃、デザインテーマをアイテムで言うな!という原則です。山形の方々にも、有機EL照明とは絶対に口が裂けても言わない!という覚悟を1年間貫き通していただきました。その結果が、「もてなすあかり」「よそおうあかり」「くつろぐあかり」「いたわるあかり」になるのです。ここに異なるあかりの「はたらき」を開発したんですね。

oled_icon4.jpg

このパネルは普段透明で、電流を流すとこんな色に光るんです。すごいでしょう?新しい用途開発が待たれますね。狙った色を出すのに研究者には、途方もない苦労を強いましたが、これが全て将来の商品に活かされます。

さて、最初は「もてなすあかり」のご紹介をしましょう。
米沢は美味しい米沢牛を食べさせる「吉亭」さんの「MANNENTO」伝統的な指物の技と、最先端技術のマッチングが見事です。
mannen.jpg

同じ「吉亭」さんの「YUKIAKARI」
yukiakari.jpg

思わず手に取りたくなるテーブルライト2種
ribbon.jpg
左;Cancle Light 右:Ribbon

さて、なぜこれが「もてなすあかり」なのでしょうか?その秘密は・・・

つづく
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/192-f91694ea
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。