FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインの行方 16

2012年05月15日 11:49

デザイナー進化 2
前回までは、“<デザイナー進化1> 大企業で他の部門とやり合い開発の方向性を先導できるプロデュース型デザイナー”を取り上げましたが、今日から“<デザイナー進化2> 企業のシーズを理解し他産業と協業しつつ新事業を創造するデザイナー”に触れてみたいと思います。

デザイナーが救世主になる
これは企業の大小に関わらず、垂直統合や自前路線にこだわり、会えて進化を拒むかのような企業の内と外で関わるデザイナーが、救世主になるチャンスです(笑)。技術開発から販売まで、一社ですべて抱え込み企業規模を誇る時代は、バブル経済の崩壊と共に終わりました。規模が大きいほど良いビジネスを展開するのに有利だったものづくりが終わったと言うことです。嘗て、日本10社以上の総合家電メーカーがあったんなんて、今にして見れば日本が発展途上国だった証明で、価格競争で勝負が決まるコモディティー商品のビジネスはアジアに移るのが必定です。やがて、金太郎飴のようなクルマをつくる自動車メーカーも同じ運命をたどるのでしょうね。

救世主は触媒!?
さて、そこで!進化型デザイナーの登場です。古い話ですが。1988年、世界で初めてデザインマネージメントの研究レポート(ハーバードビジネススクール)がなされた「TRIAD DESIGN PROJECT」(日本産業デザイン振興会主催)で、アメリカ、ヨーロッパ、日本の三極で成功したビジネスにデザインが果たした役割)の中で、デザイナーは、“スタートからのパートナーであり、触媒としてのデザイナー”であった!ということが成功ポイントであったと報告されていました。 

それは、以下の理由によります・・・

・デザイナーは異なる開発テーマを持つプロジェクトに、同時並行的の関与をしていること

・技術職は専門的分野ごとに分かれて研究して、異なるプロジェクトの解決策に触れる機会がないこと


従って、デザイナーは異なるプロジェクトが抱える課題について共通する解決策に気づき、それを融通する役割をはたしていた。25年も前の世界で成功した商品開発プロジェクトの共通事項でした。

design-same.jpg

専門特化した企業ほど専門性を持たないデザインが救う?
ここから得られる知見はこのすごく本質的なことで、事例は大企業のデザインマネージメントでしたが、それ以上に、異なる産業、企業、開発分野などで、デザインがブリッジをかける役割は測りきれないほど大きなものがあります。小さな企業が研究して得た成果をビジネスに結びつる。異なる技術組み合わせによって、新たな解決策を生み出すなど、さまざまな分野で活躍し、あえて専門分野にとらわれない発想力を持つデザインの強みがあるのです。

次回はここをこう少し深めてみます。

つづく
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/167-2d70aa19
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。