FC2ブログ

「生産財」だからこそ、もっと格好よくしよう

2010年12月14日 08:00

例えば・・・

消費材
自分が身につける衣類・帽子・靴にデザインはいらない!なんて思う人はいません。
生産財
(ちょっと微妙になりますが)制服・作業服、ヘルメット・作業靴にデザインは?・・・やっぱり絶対必用ですよね。

midorimet.jpg
ミドリ安全株式会社 軽作業帽

消費材
自分が買うクルマも動けばデザインなんてどうでも良いや!なんて人はあまりいません。
生産財
それでは、営業車やトラックにデザインは?・・・これも絶対デザインは必要ですよね。

ouharadl.jpg
大原鉄工所 雪上車輛

でも、デザインに対する要望がちょっと違うことに気がつきませんか?

ファッションは、個人の価値観のもとに、見た目のイメージ、その日の気分・・・など、いわゆる個人の感性と生活信条で選ばれ、デザインはその感性に訴える素材、色彩、スタイル、コーディネート、販売方法など、必死になってアプローチします。

機能性下着は機能のためだけ?
最近の機能性下着など保温性などの機能を謳っていて、一見、機能を追いかけているようですが、“薄着をしても寒くなく、すっきりした体型を保ったまま、重ね着ファッションが楽しめる!”というおっしゃれ目的で買われています。

■消費財は、デザインに「私のライフスタイルを表現してくれる」こと!という優先順位が求められます。

それでは、作業服はどのように選ばれるのでしょうか?
同じ作業服でも、キャビンアテンダントや、デパート案内の女性の身につけるものと、生産現場で機械を操る作業者の身に着けるものは異なりますが、いずれも、業務目的を最大限に発揮する機能を盛り込んだ“お仕着せ”の制服で、個人の好みはほとんど反映していません。憧れの制服!という価値まで到達できれば最高!です。
バンダイのプラモ工場(バンダイホビーセンター)は、まるでガンダム基地で、働く人はみんなガンダムっぽい制服を着ていて、工場見学が引きもきらない状況です。※1

■生産財は、デザインに「機能的な活動ができる」こと!という優先順位が掲げられます。

しかし、いずれの事例も、デザインなしには語れないことは明白で、デザインに求められる条件と優先順位が異なるだけであることが分かります。ここで再確認しなければならないことは、

カッコイイ!は軽薄?
デザインは余計な装飾ではなくて、機能も含んだ“総合的な格好よさ”の表現であることを認識すること。
“格好良い”というと、いかにも軽薄な表現に聞こえますが、その場に適しているから格好いいと考えればいいのです。それは一見して、誰の目にも、心にも訴える、欲しいと思わせる力につながります。格好いいとはとても深い概念なのですね。

※1 マイコミジャーナルのレポート記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/16-c9aeb4aa
    この記事へのトラックバック