FC2ブログ

日本酒の頑張り方 5

2012年01月27日 08:00

「千の福めぐり」は、お酒の名前(酒質)を書いていません。
(書いても後で分かるように表示しました)

ichinisan.jpg

何故か?頭の知識で最初から、それぞれに美味しい酒を“分け隔てをして欲しくないから”でした。まず、自分の舌と心で味を感じて、それから、アレっ?この味はどんなお酒なの?って言う具合に、酒質の確認をして欲しいのです。それが自分に合ったお酒と出あう一番いい方法だと思います。

「酒質」を書かない見識
三宅本店さんの開発会議で一番グッときたこと。

「今は日本酒業界全体の危機です。だからこそ、「千福」だけが儲かるかどうかなんてことよりも、酒質と量と価格で争う開発の戦い以外に、とにかく、お酒を口に含んでいただくことを最優先に考えたいと思います。そうすれば、きっと美味しいことが分かっていただけるはずです。」

この心意気と姿勢でした。

だからこそ、酒質をデカデカと表記することをやめて、お酒が心から好きな社員さん・千の福めぐり委員会の思いを詩にして、お酒の特徴を語ることにしたのです。

senfukumeguri6.jpg

「あなたの琴線に触れるお酒を選んでください」と言う思いで・・・。

壱の福 すっきりして つうーと流れる きれいで素直なお酒

弐の酒 ふんわりと 軽やかな香り立つ 華やいだお酒

参の酒 味わいしっかり しみじみ広がる 力のあるお酒


どんなイメージが湧きますか?
種明かしをすると、壱の福は「生貯蔵酒」、弐の酒は「吟醸酒」、参の酒は「純米原酒」です。 お酒を頂くいときに、「さぁ今日は純米原酒を飲むぞ!」なんて思いませんよね。多少お酒の知識がある方は、「この食べ物には○○○が合うかな?」とあたりを付けながら選ぶのだろうと思います。でも、そこまで経験のない方はそれもできない。そうなると、今の私の気分は・・・?日本酒を良く知らないし・・・

すっきりして つうーと流れる きれいで素直なお酒
手始めに、こんなところから始めようかな?と直感的に壱の福を選び、頂いた後そうなんだこれは「生貯蔵酒」ってお酒なんだ!・・・こんな風に自分とお酒の関係をつくるのが自然なのだろうと思います。

senfukumeguri5.jpg

プロダクトアウトからマーケットインへ
酒質を先に提示して選べ!と言うのは「プロダクトアウト」の酒造り。飲む人の気分を先に分かっていて、後から酒質を伝えるのが「マーケットイン」の酒造りです。

まだまだ「千の福めぐり」には、楽しい秘密がありますが、いったんこのあたりで、「日本酒の頑張り方シリーズ」を終えます。この春先から本格発売を予定しているようですから、その時にもっとお知らせしたいモノづくりの秘密をお教えします。お楽しみに!
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/143-5adccff0
    この記事へのトラックバック