FC2ブログ

ハイマインド師匠が日本を救う!

2011年09月28日 19:58

ちょっとお暇をいただき身体を動かしながら、あれこれ考えてみました。また少しずつブログを再開します。直近のブログでこんなことを書きました。

「ハイマインド」のお師匠さんが日本を救う!
それは、ものづくりの達人+使い場の達人=お師匠さんになることじゃないかな?
つまり、日本の産業に新しい風穴を開けてくれるのは、ものづくりを分かっていて、「使い場」を徹底して知っている・・・否!「使い場」を創作できる人!その力だと思うのです。これをぼんやり大雑把に言うと=「ものづくりを起動させる知的資産」と言うことですが、あえて自己流の言葉に置き換えました。

モノづくりの主役は技術者から遊び人へ?
それは作り方を知っている人が偉かった時代の逆転現象か?と誤解されると困るのですが、それはそれで絶対日本には必要ですが、今最も緊急に必要なのは・・・

「使う場の達人」から、「つくり手の達人」にレシピを提示すること

川上(作る側)と川下(使う側)の距離が離れ、間に様々な専門職が入り込み、ものごとを整理しているようで、余計に原点を分からなくしている状況を、中抜きで両極が最短距離で話し会う。あるいは両方の能力のある人が、1人でやってしまう。これが必要で、これができる人を「ハイマインドのお師匠さん」と呼ぶことにしました。
それって消費者やユーザーからの提案もありなの?って、聞きたくなると思いますが、消費者とユーザーはそんなことに関心はありませんし、もっと受動的で、良いものが安ければ買うよ・・・としか言いません。

ですから!
■使う場の達人=遊び人=ものづくりの原則を分かっている人=デザイナーが、現場で実践を通じて発想する。これが「ハイマインド」のお師匠さんだ!と偉そうに思ったわけです。あぁー日芸の教育も考えないと…(苦笑)
スポンサーサイト





コメント

  1. 激しく同意したい内容です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/130-e9031457
この記事へのトラックバック