FC2ブログ

良いデザインをするには覚悟が必要

2010年12月09日 09:00

継続努力か?借り物の成果か?
「あの会社の商品はいいねぇー」なんて言ってもらえるには、継続したデザインが必要で、ちょっと手を抜くとバレてしまう恐ろしいパワーを持っています。
だから1度良いデザイン評価を受けると、ますます設計者が手が抜けなくなるし、商品の完成度をもっと高くしたいと思うようになるんですね。結果的に経営と技術のセンスが向上し、「良い会社だね」って言われるようになるのです。

しかし、デザインを工程に取り入れると確実に工数はアップします。ですから、経営者と技術者が嫌がります。でも良い商品を開発するには必要なことです。ブランドをしっかり築いた会社は、しっかりと継続努力をしています。

ただし、表面的ないい形を取り急ぎ欲しいだけであれば、面倒くさいことは不要。できるデザイナーの感性に任せれば、それなりに良い見栄えの良い商品に仕上がります。でも結局短期勝負の一発商品しか手に入りませんし、借り物の成果でしかありません。

101206-4.gif
スポンサーサイト





コメント

  1. スタイヤー | URL | nGdA3O4A

    いつも楽しく拝見しています。

    お世話さまです。ちょくちょく拝見させて頂いています。開発工程にデザイン的な発想をどれ位取り入れるかは確かに大切です。短期的にみればコスト(工数も費用も)UPをする要因にはなりますが。しかし、やはりブランドを育てていくには特に継続してデザイナーが積極的に関与して、コンセプトそのものを再考していく努力が必要であると感じます。インハウスデザイナーである私はなるべく会社の経営陣との対話を大切にし、経営理念などの構築なども含めて提案する様に心がけているつもりです。中々1歩進んで2歩下げるような速度ですが、、。突然失礼しました。またお邪魔します。

  2. 馬場 了 | URL | -

    スタイヤーさん

    スタイヤーさん

    ご感想をいただきありがとうございます。

    >インハウスデザイナーである私はなるべく会社の経営陣との対話を大切にし、経営理念などの構築なども含めて提案する様に心がけているつもりです。

    経営者がデザインのファンになってもらわないと、設計と生産がデザインを大切にしませんね。時間はかかりますが、この姿勢とアプローチが最も重要です。私も独立以来、社外から経営者デザイン啓発活動を続けています。その場合、デザイン言語を経営言語に置き換え、経営者が分かる言葉で会話をしています。

    しかし、最近はデフレのためにデザインはお金がかかる!といわれ予算を削られ勝ちになりますが、コストを下げるVAと設計時点でコストダウンするVEも大切ですが、もともとデザインは価値(V)を向上させるのが最大目的です。共に新しい価値向上のために頑張りましょう!
    また、ご意見、ご感想をください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/13-b2fe45a0
この記事へのトラックバック