FC2ブログ

Gマークの審査を終えました

2011年08月30日 09:12

今年も2日間、ユニット9(素材・部材・生産・加工・流通に関する用品と機器設備・資材部門/オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備)の審査を担当しました。詳しいご報告はまた時をあらためて!ハードな審査でした。

gde2011-2.jpg
GOOG DESING EXPO 2011

グッドデザインエキスポ関連ニュース
グッドデザイン EXPO 文具レポート
グッドデザインエキスポ 2011 発表会速報
“Gデザイン候補”がズラリ 『グッドデザインエキスポ』始まる ~今年は震災復興企画も実施
【グッドデザインエキスポ2011】水だけで野菜を育てる栽培キットなど、生活を彩る小物
「グッドデザインエキスポ 2011」が開幕 8月26日~28日。一次審査を通過した製品2000点以上を展示
[Good Design Expo 2011] Docomo Palette UI Art project


「48」はものづくりの夢をつなぐマジックナンバー
そのホンダが今、家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットと、太陽光発電システムの商品を持っていることはあまり知られていません。

発電機は汎用部門が産業・農業・レジャー用の小さな発電機を昔から生産していて、お祭りの屋台の脇でトコトコ働いている姿をよく見かけると思います。僕も鈴木にいたころロータリーエンジンで発電機を開発していました。それに本田はカセットガスの発電機や小さな耕運機もつくっていましたね。コージェネレーションとは、一つのエネルギーから複数のエネルギーを取り出し有効に利用するシステムで、発電しながら、排熱を給湯や暖房に使う省エネルギーシステムです。

honda-cogen.jpg
スマートホームを15年めどに商品化RBB TODAYより

太陽光発電は、阪神甲子園球場で高校野球ファンを夏の酷暑から守っている銀燦の上に取り付けられ、野球場で使う電源を賄っています。この技術は、銀・イリジウム・ガリウム・セレンを原料とした化合物半導体を発電層に使う、ホンダオリジナルの次世代ソーラパネルのようです。まさに、宗一郎さんが伝えた「技術は人のために」という約束ごとが、1948年の会社設立以来、きちんと受け継がれていました。僕が生まれたのが1948年、自分のことのように感動しました。「48」は、やっぱり僕にとって何かと縁があり、神秘な力を持っているマジックナンバーです。

余談、怪談?人魂作戦
1年後から鈴木に入社した友人のK君は後にホンダに転職するのですが、技術から退いたオヤジさん(宗一郎さん)からの命令で「人魂プロジェクト」に入ります。そこで何を研究したかと言うと、大気中できれいに水素を燃焼させる研究でした。感の良い人ならピンとくると思います。

そうです!未来に続く水素燃焼方式の次世代エンジンの基礎研究なんですね。 確か、TV東京の特番で敷設したレールの上を走る装置の上に人魂が灯り、真剣なK君がちらっと見え、嬉しそうな宗一郎さんの笑顔が映っていたことを記憶しています。

自分がいた鈴木自動車はとても好きな会社ではありますが、宗一郎さんのものづくりにかける執念と見識は、デザインそのもののような気がして、僕が何か思考し判断するベンチ―マークになっています。

honda2009mts.jpg

つづく
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/125-852f449c
    この記事へのトラックバック