FC2ブログ

見えないものを見る力<知的資産型開発>-1

2011年08月18日 18:46

知的資産→知的資産型開発

ちょっとタイトルが変わりました。気が付きましたか?知的資産→知的資産型開発になったんですね。「知的資産経営」というものを、国を挙げて推進しているようです。ちょっと検索してみてください。今回「知的資産」について突っ込んで考えているうちに、あれっ!これは結局バブル経済のころ話題になった、「知識型開発」ではないか!ということを思い出しました。工業化社会から情報化社会へ、そして知識型社会へ・・・。何とも大雑把で乱暴なくくり方でした。デザイン界の中では、「もの」から「こと」などと雰囲気で語られていたころのことです。
これからは特にこの考え方が、もっと緻密に、システム的に、深まり、連携して、加速していくのだろうと思います。しばらく「知的資源型開発」について考察し行こうかと思います。お付き合いください。

余談 夏休みは「知的資源型開発三昧!」でした

僕がガレージ遊びを好きだということは、ブログ読者はよーくご存じだと思います。そうです。この休み5日間全て!ガレージ遊びに時間を費やしていました。

garagebf.jpg

熱中症の危険を体で感じながら、ぎりぎりの踏ん張りでした。一日ペットボトル飲料を5本消費しつつ、体重2.5kg、ウエスト3センチ減です。ため込んだ体力を消耗した証拠です。それ以上に消費したのが「知的資産」です。「あーでもない、こうでもない」寝ていてもアイデアが思いついて目が覚める。階下のガレージに行って、ごそごそ作業を始める。それは、それは、とても甘美で幸せに満ちた夏期休暇でした。

体力は消耗しましたが、知的資産は目減りしていません。熱中症一歩手前の過酷な経験を通じて強化され、ほかの知的資産と結びついて、新たな知的資産を生む。そんなことを実感しました。これは幻影かもしれませんが(苦笑)。
ここで、原則を発見しました。知識は知識を生まない。その間に知識を一旦実践する行為があって、新たな知的資産を生むということです(当たり前か 笑)。でも、これこそが机上の学問では得られない生きた智恵になるんですよね。これだけ豪語した成果ですが!残念ながら今直ちに公表できません!いつかきっと折を見てブログでご案内しますね。

休み明け早々の出張
今、日本海を右の車窓に見ながら列島を下っています。石川と福井への出張です。例の如く「東京~東京」の切符をもって夏期休暇明けの初出張です。まずは頭の調子を現実の世界にもどすために、今日は中身のない話からご容赦!
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/121-b8ca86ff
    この記事へのトラックバック