FC2ブログ

生産材にもINGデザインを!

2010年12月08日 09:00

設計者とのコミュニケーションでデザインの質が決まる
デザイナーは、自らの生活体験を通じて、消費財の課題や解決案を創りだすことは得意です。しかし、生産財はそうは行きません。当たり前すぎる理由ですが、“生産現場の労働者ではない”からです。

過去の経験から想像するしかないことや寡黙な作業者の欲求を発見しなければならないこと。購入決定権を持つ現場管理者の要求も理解し、作業現場の真のあり方を追求する中で、独自のデザイン課題を定義、解決する能力がないと本当に良いデザインができないのです。つまり・・・以下の仕事をこなすプロフェッショナル性です。

・働いたことのないプロの現場を理解する

・そこから独自の課題を設定する

・課題をオリジナリティーのあるデザインで解決する


しかし、それは決してデザイナー1人ではできません! 設計者との濃密なコミュニケーションがあってこそ可能なのです。僕は、デザインが大好きな設計者と組むと、本当に良い仕事ができた経験をたくさんしました。経営者は、デザイナーとがっぷり組むと、時間コストが上がることを恐れてはいけないと思います。
101206-2.gif

生産財はデザインで能拡・性能の差をつけられる
実は、デザインにはもっと隠れたポテンシャルがあるのです。それは機器の新たな機能を拡大できる力です。
機器単独の機能・性能開発は、コストと技術の限界があり、設計と生産技術だけで、そうそう他社と大きな差をつけることは困難です。しかし、それほど大きな投資をしなくても、デザインで競合他社に差をつけることができるのです。
そのためには、“開発テーマのとらえ方を変える“ことが前提になります。つまり、戦う土俵を変えるのです。たとえば・・・モノの名称で開発テーマを表さないというのがキーワードです。先週の事例 オークス株式会社の「ING DESIGN」商品でお話をします。

洗濯機上の収納
洗濯機収納と捉えてしまうと、ただの棚になってしまい。素材、加工、価格にとらわれて競合と同じ土俵で戦うことになります。あなたの開発テーマをいつもどおりに表すと・・・

洗濯の流れを応援する収納
洗濯一連の流れを応援するために、洗濯準備から洗濯行為、洗濯ものを取り出し干す行為・・・そこまでテーマに設定すると、教護のない独自土俵が得られます。
101206-1.gif
それをあなたの開発テーマを捉え直すと・・・?

何かピンと来ませんか?実はデザインはハード(モノ)の背景にあるソフト(コト)を考えるのが、本質なのです。そういう意味では消費財と生産財のデザインの根底は同じなのですね。結果的にデザインは、あなたが開発しようとする製品の機能・性能を拡大することになります。

生産財も「ING DESIGN」でデザインをしよう!これが提案です。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://crewdesign.blog137.fc2.com/tb.php/12-f0935b66
    この記事へのトラックバック