FC2ブログ

2011年を終えて

2011年12月27日 15:38

今年も約80日間、日本全国を歩き回りました。
特にデザイン研修では、多くの皆様の熱意に背中を押され、挫けそうになる心を、支えていただきました。(ちょっと大袈裟ですか・・・・笑)ありがとうございました。

「発想! 発想! 発想!」今年はこの言葉に明け暮れました。

特に受講生から等しく以下の言葉をいただいたことが講師として最高の喜びでした。

・発想することの難しさと大切をいやと言うほど痛感した
・発想しているつもりでも、いつしか答えを用意していて、そこに近づける自分がいた
・オリジナリティーとかカスタマイズとかのカタカナ言葉が浮かんだら気をつけます


もっと嬉しかった・・・と言うか、やったネ!と思った言葉は、
今後上司から、「それってカスタマイズしてオリジナリティーが出せるね」って誉められたら、私の企画が陳腐なんだ・・・って」、解釈するようにします(爆)。  最高に分かってくれたと、小躍りしましたね(爆)

3×4デザインプログラム
3×4デザインプログラムはオール発想型で、研修では徹底的に発想力を引き出す手法を使いデザイン(商品企画)をしていただいているのです。
現場では・・・

・高度な教育を受け先端科学を駆使し技術開発をしている方がいました
・伝統工芸の匠の技を用い素晴らしいものづくりをされる方がいました
・生き馬の目を抜くような激戦区で商品開発に没頭される方がいました

そんな方々でさえ、否!優秀な方々こそ、最初から答えを用意して、要領よく発想手法を使ったふりをしながら、予定調和の答えを、素晴らしい因果関係で論理的にプレゼンしてくれます。

でも、ちっとも心を打ちません(笑)

大学でも、良い答えをつくって、先生や親に褒められた経験が多い子供時代を過ごした学生ほど、時間をかけ発想に集中することが不安で、最初から“まとめること”を考えて行動します。年々リテラシーを発揮して、馬鹿な発想をする学生が少なくなっているような気がしてなりません。これは日本にとって実に深刻です。
baka.jpg
少々長い文面ですが、研修の最後に以下の文章を読んで奮起を促しています。どうか来るべき年は、人間にだけ許された発想力を活かして、素晴しい明日をつくってまいりましょう。
[ 続きを読む ]

スポンサーサイト