FC2ブログ

「つなぐ」

2011年03月22日 13:21

絶たれぬ戦い
東北関東大震災では、想像を遥かに凌ぐ膨大な有形、無形の資産が一瞬のうちに喪失しました。今は、“絶たれそうに”なっている人命と、暮らしを繋ぐことが最優先で、助けられる側と助ける側が、命をつなぐために必死の活動を展開しています。
ハイパーレスキューの精鋭たちは、妻からの「日本の救世主になってください」の言葉に押され、自らの命も顧みず危険な現場に赴き、「ミッションを果たせました」と言い終ると同時に、こみ上げて来る涙を、必死にこぼしてはならぬと我慢する。崇高な男の顔を拝見しまいた。胸が詰まりました。家族のために戦ったんですね。その背景に1億3千万人の我々日本人がいます。

 昨日は、石巻で9日ぶりに二人の尊い人命が救出されました。救出時、生きのびる緊張感をつなぐためにでしょうか?地元消防員の方から、「将来何になりたいの」という質問に答えた若者は「アーチストになりたいです」と応えたと聞きました。
一人でちゃぶ台に向かい、暗くなるのも気付かず、絵ばかり描いていた自分の少年時代とかぶり、泣けてきました。被災地の全てのみなさまには、万感の思いを込めて、ただただ、深く頭を垂れるのみです。「断たれないで、そこで生きていてください」。友とご家族は勿論のこと、いまだ行方の知れない同胞の無事を祈るにみです。

新たなる「坂の上の雲」をめざして

しかし、今、被災者に思いを寄せると同時に、為さなければならないことがあります。それは、日本が新たなる「坂の上の雲」を目指して、再起に向かい蟻のごとく小さな一歩であっても、踏み出すことです。

まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている

日本人が最も愛する小説の「坂の上の雲」司馬遼太郎さんの名文です。
明治維新から敗戦まで70年、欧米と肩を並べる一等国を目指した。敗戦からこのたびの東北関東大震災までほぼ70年、世界第2の経済大国になる。因縁でしょうか?不謹慎を承知で言いますと、ある種、第2の終戦(敗戦ではありません)ではないかと思っています。

敗戦後の高度成長期に僕ら(団塊世代)は育ち、貧しさは残っていたけれど、「あっけらかん」とした、屈託の無い希望に満ちた空気感がありました。「坂の上の雲」の時代と似た雰囲気だったのかもしれません。理由は、失うものは何も無く、ただひたすら創出することが出来た時代だからでしょう。当時はむしろ、この雲を目指すといいよ!と先進諸国(はっきり言うと進駐軍)から与えられた見本を、ひたすらトレースしてきたのだろうと思います。

現在、坂の上に見える“いちだの雲”がどんな雲か、未だ見えません。でも、今だからこそ、僕らは、何も無い青い空に、オリジナルに満ちた希望の白い雲を描くことが出来ます。もう一度、意を決し坂を目指し登って行きませんか?また日本がやってくれた!と言わしめる。世界のお手本になる国に再生させましょう。

見つけた課題は「つなぐ」こと
この機会に「デザインで何ができるか?何をすべきか?」と考え、辿り着いた課題は、訳も無く“絶たれる”人命と暮らしを、営々と努力を重ね築いてきた資産が、“断たれる”資産を、如何に「つなぐ」か”でした。
具体的な構想は完成していませんが、課題だけは見つけました。またブログで一つ一つご紹介したいと思います。

スポンサーサイト