FC2ブログ

新田知水ビジネス 3

2017年02月06日 08:00

「知水」とは独自のForceで「知的資産」のこと

実際に「新田」を開墾する「知水」とはどんなものなのでしょうか?先週のイラストから探って行きましょう。
shinden.jpg

都市近郊の小規模兼業農家さんへ、自社の機器・設備と共にビジネスモデルを提供し、収益性に優れたアグリビジネスを実現し、近隣マーケットへ販売する一気通貫ビジネス。


農業資材や設備を提供する会社が、どうして販売事業までコンサルテーションし、一気通貫した事業構想ができるのか?おそらく自社シーズを真面目に捉え、「強み」をもとに構想していたら、「我田引水」のビジネス提案しかできなかったと思います。例えアイデアが出たとしても、「これは我が社の事業ドメイン(領域)」から外れているから・・というブレーキがかかったことでしょうね。


この「新田」を開墾する「知水」とは?

この事業所は、生産農家が使う農業用資材から、流通販売に関わる流通梱包資材まで扱っていて、市場や販売現場のビジネス事情を良く知っています。言い方を変えれば、農場からスーパーマーケットの棚までをビジネス領域にしていたのです。それだけなら良くある話しなのですが・・・

本当の秘密は、自社の経営資源の棚卸し方法にあったのです。社員全員が「私が提供できる知恵と技(仮称)」という、知的資産カードを一定のタイミングで更新し、ある部門に集積しておくというシステムがあったのです。

ここからはもう言わずもがなですね。知恵と技を「知的財産の素」として扱い、必要に応じてピックアップし、深め、関連づけていく、クルーはこれをデザインマネジメントの重要な仕事として行っています。
vrmeeting.jpg
画像クリックで拡大します

素材と技術だけの自社シーズに加え、あなたの会社に隠れた「知的資産」があるはずです。それを発見して育て「知水」にする仕事がデザインで、仕組みをつくり活用するのがデザインマネジメントだと思います。

つづく

スポンサーサイト



「3×4」のルーツ 1

2017年01月23日 15:21

昨年末から再開した「元気な企業を創るデザイン」は、新テーマである「デザインの解放」と銘打って今日で17回目を迎えました。再開の第一弾は「神戸ものづくり塾」シリーズでしたが、塾も元気に立ち上がりホッと一息ついています。今日からちょっと指向を変えて、デザインの解放の中核を為す「3×4」のルーツを辿ってみます。


「3×4」のルーツ

今日は、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>「3×4」の源流に遡り、進化の足跡を辿ってまいりましょう。長いおつきあいのクライアントさんや、1990年代に中小企業大学校の講義を受けていただいた方々にとって、懐かしいロードマップに再会することになると思います。僕が知っている「プラレール」のロゴや、「グリコ」のトレードマークはこれだった!などと同様に、「3×4」の細かな違いを発見し、その進化のプロセスを楽しんでください。


「3×4」の原型は「L・M・P」デザインメソッド

この当時は開発要素であるヒト・モノ・バを、LMP(Life・Market・ Product)と呼び、4ステップをSTAGE4と表していました。1996年12月には、通産省の委託を受けた(財)国際デザイン交流協会のお世話でタイはバンコクに行き、国営企業の開発責任者や大学教授のみなさんに、グッドデザインの紹介と共に、弊社の「L・M・P」デザインメソッドによる開発手法のレクチャーをしました。この出来事は、言ってみれば日本からアジアへのデザイン思考と手法の輸出です(笑)


thai1.jpg


しかし、今、またぞろこの国は、オープンイノベーションを成し遂げたアメリカのデザインシンキングを有り難く押し頂いています。複雑な想いをしています。今更ながらですが、これからの日本は、工業製品だけでなく、もっともっと自信を持って知識の輸出をすべきだと思います。そのことについてはいずれしっかり書いてみたいと思います。


zu_lmp.jpg
画像クリックで拡大します

thai2.jpg


2世代目は「タイムトンネル」スタイル

20世紀末、1999年9月にはベトナムに出向き、同様の事業に加え個別企業の商品開発指導をすることになります。その時のデザインオペレーションマップは、「タイムトンネル」と呼んでいました、「タイムトンネル」とはアメリカから輸入したテレビ番組のタイトルで、これを私のご同輩は良くご存知だと思います。楕円形で渦巻きパターンのトンネルを通じて、若い二人の男性が、過去と未来を自由に行き来し問題を解決して行くSF冒険番組です。それと同じように、発想力によって時空を超え「新しい解決策を創作する」という意気込みを持ってデザインしたのです。


timetunnel_J.jpg
画像クリックで拡大します

vietnam1.jpg


当時は、開発3要素を多少気取って「L・M・P」などと定義していましたが、生活者(Life)へのご利益達成のために、市場(Market)と製品(Product)を同時に開発する思想は、現在のデザイン3要素であるヒト・モノ・バとまったく同質です。しかも、デザイン活躍の場を、開発部門の下請けに置くのではなく、ビジネス全体の領域で使えるように意図したのも、今にしてみたらとても革新的だったと思います。


vietnam2.jpg


次回から、少しずつ進化して行く「3×4」オペレーションマップの進化プロセスを辿りながら、デザイン役割と時代の変化を観察して行きたいと思います。あなたに受けていただいたた研修や、開発のオペレーションマップと出会って、足跡を辿るのも興味深いと思います。お楽しみに!
[ 続きを読む ]

デザインの「解放」神戸ものづくり塾 プレ講座 4

2017年01月13日 08:00

今回は「デザインマネジメント」について

「デザインってやっと理解仕掛けたのに、今度はマネジメント?大変だ!」そんなことを言わないでください(苦笑)簡単に言えば「デザインマネジメント」は・・・

<お客さんに持って行ってもらう「ご利益=ゴリヤク」と、自分が確保したいと目論む「利益=リエキ」を、商売(マネジメント)の観点から、「より向上させ、より良いバランス創る」という考え方と手法のことです>

如何ですか?何時も考えていることと本質的には変わりないですよね(笑)
私はデザインマネジメントの研究家として、デザインがなかなか中小企業に普及しない原因が「デザインマネジメント」不在にあると思っています。今、ドラッカーさんがご存命ならどのように仰っていただけるだろうか?興味がつきません。

「×(バイ)」はクロス、顧客ご利益と企業利益が両立できる

そのために、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>では、お客さまに差し上げるご利益(便益=ベネフィット)づくりと、自分の商売で得る利益づくりを、相反させない仕組みを持っていることです。これを「×(バイ)」と言います。「ワカルデザイン」では次のように紹介しています。
わかるデザイン46−47より抜粋
クルーテキスト「ワカルデザイン」より抜粋(画像はクリックで拡大します)

デザインは理想ばかり掲げ、利益を損なう?
「デザインをするとカネがかかり利益を損なう」とか、「デザインはとかく理想を言っていて折角設計ができたのにひっくり返してしまう」・・・とか、企業さんのボヤキを耳にしますが、それは「デザインマネジメント」という観念がないことと、マネジメントする専門家や手法がないからです。

私は現在、日本大学藝術学部で学生たちに「デザインマネジメント論」の講義と演習を行っています。学生のうちから、デザインがビジネスの活動できちんとその力を発揮できるようにしてもらいたいと思っているからです。

今日のブログ上のプレ研修で、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>の骨格を紹介しました。これでデザインが異端の思考や手法ではなく、商売の基本的な進め方と何ら変わりがないことを感じていただいたと思います。来週からまた新たな段階に入って行きます。どうぞお楽しみにしてください。

■神戸の研修に興味のある方は下記へご相談ください
神戸市経済観光局 経済部 工業課
e-mail : kogyoka@office.city.kobe.lg.jp

新シリーズ デザインの「解放」宣言

2016年12月19日 13:42

元気な企業を創る新シリーズスタート!
デザインの「解放」宣言

「みんなのデザイン」が誕生しました!
2001年に明日香出版社さんから、『「ヒット!」商品開発バイブル』のタイトルで発表され、多くのモノづくり企業に導入いただいた「3×4」デザインプログラムを、15年ぶりの今年8月に、デザイン思考本「ワカルデザイン」とデザイン実践本「デキルデザイン」として全面改訂。デザイナー以外が使えるデザインメソッドとして「解放」しました。それが「みんなのデザイン」です。

デザインメソッド

この本はクルーのコンサルタント室から実験的に発刊されて、おつきあいのある企業さんと行政主催の研修で活用していただいています。

その評価は・・・

「ノウハウをここまで露にしますか!」

「具体的事例で分かりやすい」

などが多く、「みんなのデザイン」というコンセプトに、強い賛同を頂戴し心強く思っています。このブログではそんなコンセプトの真髄をわかりやすくお伝えして行きたいと思っております。これからも応援をよろしくお願いいたします!


弘前地域研究所での実験
hirosakipics.png
弘前地域研究所Web Siteより

最初に研修で導入いただいたのが、(地独)青森県産業技術センター 弘前地域研究所さんです。そこでは「売れて行くものづくり研修」(売れる!ではなく、売れていく!という戦略市場)と称して、昨年に引き続き県内の意欲的な企業さんが集まり、弊社商品の機能空間を創造する「ハウスインナー®」をベースとして、豊かなビジネスと暮らしを実現するアプリケーション開発を実践していただきました。

ハウスインナー2700白

一番の収穫は、「脳みそに汗をかいた」という受講者の共通体験で、「無意識に頭をもたげてくる分析心を押しとどめるのに苦労した」「意識しないと発想力は眠ってしまう」という声でした。その結果、この5回の研修で、デザインシンキングを底辺で支える「発想力」と、確実に「売れて行く戦略」に現実化する一貫した構想力を学んで頂いたようです。

IMG_7239.jpg

これからも続く、デザインの「解放」
今年度も残り少なくなってきまがたが、現在は栃木県主催の「ものづくり塾」全4回シリーズが進行中で、1月にプレゼンテショーションを迎えます。また、神戸市主催の4回シリーズも意欲的な塾が1月スタートします。このブログも長い間お休みをしましたが、新シリーズでまた「元気な企業をつくる」ニュースをお伝えして行きます。ご期待ください!

金沢行き「かがやき」車中にて



2015年度スタート!

2015年04月06日 13:02

会社、大学、行政の新年度がスタートしました。ご栄転、転勤、合併、新しい人生のスタート・・・さまざまなご挨拶を頂く季節です。デザインもブログも「有機ELシリーズ」をようやく終え、心機一転!スタートします。よろしくご愛読ください。

dog_sakura.jpg

2015年度 思考し実践するデザインフィールドは次の5つ

1 美しい色・形と良いサービスのデザイン
2 ハッとするデザインテーマとコンセプトのデザイン
3 新しいビジネスの価値を創る事業のデザイン
4 経営と市場が「共創」するブランドのデザイン
5 企業の枠を超えビジョンを共有し「新たな場」を創るデザイン

さあ、今年はどんな人とテーマに出会えるか?「元気な企業を創るデザイン」がスタートします。