fc2ブログ

ブレイクダウンとキャスティングシート

2018年01月17日 16:29

あけましておめでとう・・・と言葉にするのは気が引けるくらい間が開きました(苦笑)。今年最初のブログは前回記事「小さな企業が普通の技術で起こすノベーション」の続きです。

栃木県の「ものづくりデザイン塾2017」では、コモディティー製品のテーブルタップと水筒が対象物でした。そこに次のような「ブレイクスルー」が起きました。今回はタンブラーの「ブレイクダウン」事例をご紹介します。

14689406160_c2544382cb_z.jpg
タンブラーもいろいろ こちらは自転車のボトルケージにぴったりなタンブラー

「ブレイクスルー」
・自分の小さなタンブラーが、職場の休憩時間を「お気に入りのカフェ」にする!
・職場の休憩時間をたちまちお気に入りカフェ空間にしてくれるタンブラー???
・それを、一体どんなふうに「ブレイクダウン=現実化」するのでしょうか?

職場にカフェが現れる!タンブラーがカフェに!など、ブレイクスルーを聞かされると、「えっ、そんなことができるの?」と一瞬なにが起るのか疑心暗鬼になると思います。でもそれが大切なんです。だってイノベーションとは、見たことも聞いたこともないこと、物議を醸すこと、それを必ず現実化すること!この3番目がしっかりしていれば、どんな夢想をしても構わないのです。その現実化が「ブレイクダウン」の仕事です。

対象者は、子育てで今は家計が大変だけど、せめて、パートの短い休憩時間でも気分転換をして、疲れを癒し仕事を続ける気持ちを維持させて欲しい!そのために、季節や気分によって、ハーブティーやコーヒー、時には手づくりスープを、お気に入りのタンブラーに入れて持って行く・・・賢い若いお母さんです。タンブラーが働くママを応援できればいいですね!

ブレイクダウンとキャスティングシート
「ブレイクダウン」するとこのような商品案になったのです。それをクルーが提唱する商品コンセプトキャスティングシートに表しました。

blogcasting_180117.jpg
キャスティングシート

如何ですか?
「ブレイクダウン」の種明かしをご覧になって、「なーんだ!そんなことか」と思ったあなた・・・それは「コロンブスの卵」と言います(笑)。今回はあえてスケッチは描きません。コンセプトの説明でどんなスタイリングと機構が考えられるか?あなた自身でスタイリングにブレイクダウンしてみてください。

ちなみに、「サポート要件」:鼻孔をくすぐる「香りウインドウ」この要件が気になって、あるアイデアについて友人の弁理士に調査をしていただきました。ありましたね!特許が(爆笑)。こんなふうにブレイクスルーとブレイクダウンを、軽快に繰り返す内に、きっと特許がとれるような商品案を生み出すことができます。頑張ってください!

次は神戸のみなさんの番ですよ!1月26日は楽しみに伺います。

抽象化の面白さと奥深さ

2017年11月28日 13:51

このブログでは、イノベーションを起こすために課題=デザインの対象を「抽象化」して捉えることの重要性を述べています。つまり、「抽象化」とは課題の「本質」を見極めることに通じるからです。それ為しには、絶対にイノベーションなど起こせないのです。

「本質」の把握・・・などと言われると思わず身構えてしまいますよね。実は、その「本質」をカンタンに把握する方法が「抽象化表現」なのです。これは案外、奥深い思考が必用なのですが、コツを一つお教えしますね。

「抽象化」には二つあることを知ってください。

一つ目が、対象物が誕生した時に持って生まれた、「物財」としての「はたらき」です。これは「モノ」に装備させた「基本機能」と言ってもいいでしょうね。

例えば洗濯機が世に出たときの「物財」としての「はたらき」を抽象表現すると、こんな表現になります。

「洗濯対象物の汚れを水の撹拌によって落とす装置」

つまり洗濯機をいう「名詞」を使わずに、そのものの機能を説明する表現のことです。これはVE(価値設計)の入口で使う表現手法でもありますね。(VEについては後日お話をします)。どちらかというとエンジニアリング視点です。ここでメカの本質が見えてきて、「代替メカ案」が浮かびそうな予感がすれば、技術主導のイノベーションの入口に立っていることになりますよ!ダイソンさんみたいにね(笑)

20111206_4779342.jpg
写真出典:http://poyoland.jugem.jp/?eid=702&guid=ON&view=mobile&tid=6

二つ目が、ユーザー視点で見て、「物財」が与えてくれるベネフィット=ご利益を抽象表現したものです。こんなふうになります。

「洗濯物を投げ込めば勝手に洗濯をしてくれて、足腰の痛みや冬の辛い水仕事からお母さんを解放してくれるお手伝いさん」

これはマーケティング視点の抽象化ですね。それも洗濯機が発売され昭和の「抽象化」です。今日の洗濯乾燥機は???さあ、どんなはたらきの抽象化ができるでしょうか?ここでも、新時代のユーザーさんに対して、「新しいお役立ち案」が浮かんでくれば、マーケティングでイノベーションが起こせますよ!今度はアップルさんみたいにね。

20111206_4779356.jpg
写真出典:http://poyoland.jugem.jp/?eid=702&guid=ON&view=mobile&tid=6

ここで一つ大切な気付きを!
それはエンジニアリング視点のイノベーションよりも、マーケティング=ヒト視点のデザインイノベーションンの方が、小さな企業にとって仕掛け易いということです。その理由はまた次回に種明かしをして行きます。

只今、金沢に向かう「かがやき」車中。左に立山連邦、右に富山湾。冬の絶景です!

ブレイクスルーとブレイクダウン 6

2017年02月27日 13:58

ブレイクスルーとブレイクダウンの「ハイブリッド発想」はお楽しみいただけましたか?何となく狐につままれたような気がしますか?今日は、そんな方のためにブレイクスルーする言葉の発想について考えてみたいと思います。

ブログでご紹介したブレイクスルー5例は・・・

1)多忙な独身男性ビジネスパーソンにとっての冷蔵庫は?
YouTubeを見ながらマッタリできる道具→そのプロダクトは?
テーブル冷蔵庫
2)「買いものに行く時間が無い共働きで子供がいる主婦の冷蔵庫は?
冷蔵庫は「時間を創る道具」だ→そのプロダクトは?
MR-Y40X-H.jpg
3)高齢者にとっての内鍵(サムターン)とは?
防犯を気にしないで明日をまた元気に迎える→そのプロダウトは?
patante
4)安心・安全な日々を切望する一人暮らしの女性の鍵は?
怪しい人がいてもサッと入室できる→そのプロダウトは?

key&silinder


5)小さな子供がいて休日にバタバタお出かけするご夫婦にとって鍵は?
夫婦喧嘩をしないで外出を堪能できる→そのプロダウトは?

eyezu

ブレイクスルーの結果だけを並べると「おやっ?」って感じがしますが、ペルソナになり切って「それは何故あるの?」と、対象物の存在理由を問いかけると、すーっと目の前に「こんな理由だよ」と現れてきます。そのように出現した理由が、柔らかな独自の「開発テーマ」になるのだと思っています。何となく他社と違う開発の切り口が見えてくれば大成功です!


ブレイクスルーを上手くやるコツは「抽象化」です

多くの人たちは「抽象化」がもの凄く苦手のようです。ここで言う「抽象化」とは、「もの」を「もの」に付けられた名称で語らず、その「もの」に与えられた役割(はたらき)で語ることです。そうすることによって、製品が開発された当初の役割が見えてきて、次にペルソナがその製品に期待する「ウォンツ」が出現してきます。つまりものの「はたらき」とは時代や生活の進展と共に変化するものなのです。それを先回りして捉えるのがブレイクスルーの役だと思います。例えばこんな具合に抽象化すると良いですね。

ペットボトル
画像クリックで拡大します

この「抽象化」によって、ペットボトルの供給の仕方、持ち運びと繰り返し飲用の課題,廃棄の問題などなど、さまざまな開発テーマの元ネタが手に入ります。


抽象化のトレーニング

私が講師をしている日藝ではさまざまな「もの」の「抽象化課題」を出しています。簡単な気づきの事例では「眼鏡」がありました。

眼鏡は何のためにあるの?→視力を補正してくれる光学(医療)機器

ファッションに気を配る人の眼鏡は何のため→TPOに配慮したファションツール

社会的ステータスを気にする人の眼鏡は→自分の身分を表す表現ツール

さあ、次はあなた自身で考えましょう!例えば・・・

有名なタレントさんにとっての眼鏡は→???

抽象化トレーニングワークシート
画像クリックで拡大します

簡単な言葉の遊びかもしれませんが、あなたの身の回りのある「もの」を、製品名や商品名で語らず、「はたらき」で表現するトレーニングを、ゲームのように楽しんでみてください。きっとブレイクスルーが上手くいくようになること請け合いです。


ブレイクスルーとブレイクダウン 5

2017年02月24日 13:56

4回にわたり、ブレイクスルーが「未来のウォンツ」を創る力と、それをブレイクダウンで「開発テーマ」に置き換え、解決の手立て(ソリューション)にし立てるフットワークの良さについて説明してきました。これは<「3×4」クロス・デザインマネジメント>のステップ1と2の仮説創りと開発テーマの設定で大きな力を発揮します。今日は、ブレイクスルーとブレイクダウンの効果を実証するヒット商品の3部を紹介します。


ブレイクスルー&ダウン商品3部作
これから、クルーのクライアントである株式会社 オプナスさまの開発部門と協力してデザインした「ヒット商品」を解剖して、何所でブレイクスルーが起ったか?探索してみます。しっかりご覧ください!


ブレイクスルー商品① 「パタンテ」の場合

内錠は何のため?→室内への侵入を防ぐため
それは何のため?→身の安全を守るため
それは何のため?→安心・安全な生活をするため(当たり前のニーズ)


ここに「凄ワザ」発動!
安心・安全な暮らしを願う高齢者のペルソナをつくりその人の気持になりきる!

ブレイクスルー

それは何のため?→ゆったり安心できる時間を得るため
それは何のため?→素早く動けない自分が外を気にせず疲れを癒すため
それは何のため?→明日をまた元気に迎えるため(飛躍したウォンツ)


ブレイクダウン

ゆったり安心できる時間を得るため→そのために?握力と視力が衰えていても軽いタッチで確実にロックできる
素早く動けない自分が外を気にせず疲れを癒す→そのために?薄暗い玄関でもひと目でロック状態が分かり安心できる
明日また元気に迎えるため→そのために?サムターン回しの犯罪から守る突起のないデザインでぐっすり就寝


ブログイラスト-17
画像クリックで拡大します
patante.jpg
patante
サムターン [パタンテ]
2005年グッドデザイン中小企業庁長官特別賞受賞

商品問い合せ先 株式会社オプナス企画開発部 新市場・商品開発

ブレイクスルー商品② 「キーキッス」の場合

鍵は何のために?→錠前を施錠解するため
それは何のため?→許可を得た者だけが出入りをするため
それは何のため?→特定の人が肌身離さず持ち運ぶため(当たり前のニーズ)


ここに「凄ワザ」発動!
都市のマンションに住み、安心・安全な日々を切望する一人暮らしの働く女性の気持になる!

ブレイクスルー

何のためにあるの?→鍵の存在さえ知られたくない
何のためにあるの?→薄暗いところでもすぐ施錠解錠ができる
何のためにあるの?→怪しい人がいてもサッと入室したい(飛躍したウォンツ)


ブレイクダウン

鍵の存在さえ知られたくない→そのために?キーケースと一体のUSB型
薄暗いところでもすぐ施錠解錠ができる→そのために?鍵を探す手間を省く
怪しい人がいてもサッと入室したい→そのために?キーホールに誘い込まれる


ブログイラスト-18
画像クリックで拡大します
keykiss_memolis.jpg
key&silinder
2006年グッドデザイン賞受賞
商品問い合せ先 株式会社オプナス企画開発部 新市場・商品開発


ブレイクスルー商品③ 「アイズ」の場合

鍵は何のために?→錠前を施錠解するため
それは何のため?→許可を得た者だけが出入りをするため
それは何のため?→特定の人が肌身離さず持ち運ぶため(当たり前のニーズ)


ここに「凄ワザ」発動!
小さな子供がいて、たまの休日にバタバタお出かけするご夫婦のペルソナをつくりその人になり切る

ブレイクスルー

それは何のため?→鍵のかけ忘れをしないため
それは何のため?→施錠の責任を押し付け喧嘩にならない
それは何のため?→施錠が出先で確認できる(飛躍したウォンツ)


ブレイクダウン

鍵のかけ忘れをしない→そのために?毎日の施錠作法で大丈夫な仕組み
施錠の責任を押し付け喧嘩にならない→そのために?誰が使っても同じ効果が得られる
施錠が出先で確認できる→そのために?鍵に施錠したアイズが残って安心


ブログイラスト-19
画像クリックで拡大します
eyezu.jpg
eyezu
2008年グッドデザイン賞受賞
商品問い合せ先 株式会社オプナス企画開発部 新市場・商品開発

いかがでしたか?ブレイクスルーの面白さと、ブレイクダウンの手堅さを堪能していただいたと思います。このハイブリッド発想法は、壁に打ち当たったあなたの開発を、デザインパワーで軽々と乗り越えてくれるはずです!
具体的な実践についてご興味のある方はクルーまでお問い合わせください。

ブレイクスルーとブレイクダウン 2

2017年02月21日 14:27

前回のブログでブレイクスルーとブレイクダウン思考の基本をご理解いただけたと思います。未来へ向かい「何のために?」と冷蔵庫のあるべき姿をくっきりと描いた後、「そのためには?」と問いかけて確実に冷蔵庫の新しい機能開発へつなげて行きました。それは以下のように整理できます。

それは何のため?→健康的で美味しい食生活のため(ニーズ発想)
     →そのためには→食品ごとに会わせ庫内を仕切る(解決策発想)


普通は、ニーズ発想と解決策の発想にタイムラグがあって、瞬発力不足がストレスを感じさせます。このハイブリッド発想は、あなたの発想行為に「待った!」をかけず、素早く自然に解決策に導かれて行くのが特徴です。事業や商品開発に止まらず、社会のあらゆる事象を、未来に向けて問いかけることで、想定外の新しい課題として浮き彫りにし、夢で終らせない具体的解答を創作する手法です。

あなたのビジネス課題は勿論、人生のさまざまな悩みもブレイクスルーとダウンのハイブリッド発想を使えばスッキリ解決できます。
漫才イラスト

ブレイクスルーの「凄ワザ」公開

ブレイクスルーとブレイクダウンの「ハイブリッド発想」には、とりわけ未来へ飛躍し対象のあるべき姿を定義することがもっとも重要です。それは調査では発見できない新たな開発課題を示してくれるからです。しかし・・・。

「理屈はわかったが結果がさほど画期的ではないと思うが・・・?」

冷蔵庫の存在理由は、健康的で美味しい食生活のため(ニーズ発想)→そのために、食品ごとに会わせ庫内を仕切る(解決策発想)くらいの発想では、未来に飛躍したとは言えないのでは?という不満が残りますよね。ニーズ発想に止まっているから当然のことです。さあ、そんな疑問をお持ちの方へ、ここからはブレイクスルーの「凄ワザ」をご披露します!発想の基本は以下の2つを守るだけで飛躍が起ります!


「凄ワザ」
① ニーズNeeds発想からウォンツWants発想に転換する
② 対象者になり切ってウォンツWants発想をする


この凄ワザを仕掛ける方法は、対象事案のユーザーのペルソナを設定し、その人の立場に立って「何のためにあるの?」と、質問を投げかけることです。つまり多くの人の満足を得るニーズ発想ではなく、一人の人の願望に深く迫るウォンツ発想をするのです。

例えば、独身の多忙なビジネスパーソンにとっての冷蔵開発庫がテーマだったとします。いきなり三段跳びで答えを示してみます。

何のためにあるの?→YouTubeを見ながらマッタリさせる道具(ウォンツ発想)
そのためには?→冷えたビールをチビチビやれる「クールポッド」(解決策発想)


ウォンツ発想
さあ、これでなにか新しい冷蔵庫のイメージが浮かびましたか?次回はこの謎解きを行います。さあ、どんな冷蔵庫になるでしょうか、一緒に考えてください!