FC2ブログ

デザインの「解放」神戸ものづくり塾 プレ講座 8

2017年01月19日 08:00

今日は「神戸ものづくり塾」の初日で、神戸市産業振興センターに来ています。
塾の様子はまた近々にご報告します。楽しみにしていてください。今回のブログは、昨日に引き続き、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>ステップ1と2の「まとめ」を行います。

先日、こんなご質問を頂きました。

「我が社は、マーケットの売れ筋商品で方向性を参考にして、それと似ないようにオリジナルデザインをしていますが・・・中略・・・本当にオリジナルと言えるものづくりをするには、どのようにしたら良いのでしようか?」

前段の、「売れ筋商品を見て・・・」という言葉をサラっと聞き流せば、効率のいいマーケティングのような気がします。しかし、よく考えてみると、これはもの凄く危険なビジネスではないでしょうか?<「3×4」クロス・デザインマネジメント>では、一般的に普及している「企業環境分析」を止めよう!と提言しました。マーケットの売れ筋商品で方向性を参考にして・・・という行為は、まさに「分析型」の開発思考で、それは、「できるだけ既存商品に似ないように・・・」という、苦し紛れのスタイリングデザインに追い込んでしまいます。
blog15step1.jpg
画像クリックで拡大します

さらに、<「3×4」クロス・デザインマネジメント>では、商いの「三題小噺」を創作する「発想型」開発のすすめを提案していています。ブログでは二つのオリジナル事例を創って解説しました。

オリジナル商品を開発するために「新田知水」ビジネスを!

ご質問の後段「・・・本当にオリジナルと言えるものづくりを・・・」について、もう少し深く考えて行きましょう。それを現実化するのは「自社の強み(自社シーズ)」です。「なーんだ、そんなことは当たり前じゃないか」と言われるでしょうが、それがちょっと違うのです。ここで言う「自社シーズ」とは、今まで得た小さな「技術と知識」を深堀した、オリジナルの「自社の強み=知的資産」を指すのです。それを活用するのが「新田知水ビジネス」です。

1月10日のブログで発表した、紙器業の「三題小噺」は、「技術と知識の三段絞り」を行いオリジナルの「自社の強み」として定義したプロセスが見て取れます。
blog8zu1.jpg
画像クリックで拡大します

自社の技術的強みを育てると・・・ 
我社は紙器業でどんな難しいパッケージでも製造できる・・で良いんですよね!
   ↓ 他の会社もそう言っているよ!そのココロは?
我社はどんな「対象物」でも要求通りの包み方を提案できる・・・と解釈したら?
   ↓ もっとオリジナリティーを!そのココロは?
我社は軽く丈夫な紙の特性を知っていて、包む、守る、運ぶ、見せるなど、その目的に応じて、紙のはたらきを引き最大現に出すことができる技術を持っている会社!でどうだ。
blog1521.jpg
画像クリックで拡大します

自社の知識的な強みを育てると・・・
顧客は工業部品・製品からビジネス分野や食品業界まで幅広いさまざまな業界情報が入る・・・で良いんですよね!
   ↓ 他の会社もそう言っているよ!そのココロは?
お客さまのさまざまな紙器の使い方を知っていて、業界ごとの特性と独自の要求を先回りして答えることができる・・・と解釈したら?
   ↓ もっとオリジナリティーを!そのココロは
市場ごとにある独自要求を他の業界に流用したりすることで、お客さまが明確に注文できないことも、先回りして代替え案を提案できる知識を持っている会社!でどうだ。
blog1503.jpg
画像クリックで拡大します

まとめ2「知的資産型デザイン」のすすめ

<「3×4」クロス・デザインマネジメント>が言いたかったこと、それは中小企業の「商いの構想」創りは、「ライバルも持っていそうな強み」の「表面なぞり」ではなく、「技術と知識の三段絞り」を行い、オリジナルな自社の強みを「発想」し育てることでした。

この「知的資産」やがて、「ノウハウ」や「営業秘密」として成長し「知的財産」になり、組織のみんなが使える財産となります。そして、ご質問にあったオリジナルの商品を開発する原動力になるはずです。いずれ機会をみて「知的資産型デザイン」のお話をしてみたいと思います。

■神戸の研修に興味のある方は下記へご相談ください
神戸市経済観光局 経済部 工業課
e-mail : kogyoka@office.city.kobe.lg.jp

スポンサーサイト



デザインの「解放」神戸ものづくり塾 プレ講座 2

2017年01月11日 08:00

デザインの「解放」神戸ものづくり塾 プレ講座 1のつづきです。

ヒト・モノ・バの「三題小噺」の行く末は?

<「3×4」クロス・デザインマネジメント>ステップ1で発想した、軽い「三題小噺」から導き出した「開発分野」を前ブログでは、以下のように設定したとします。

開発分野:忙しいビジネスパーソンを応援する「出張支援ビジネスグッズ」

これが一体「3×4」のプロセスを辿ると、どのような商品案に育つのか興味があると思います。ちょっと先走りし過ぎかと思いますが、クルーのテキスト「デキルデザイン」から特別にお見せします。

注)前ブログの仮想企業は紙器業でしたがテキストでは精密金属加工業を想定しています

dekirudesign77-01.jpg
「デキルデザイン」 ステップ3 商品の企画「バーチャルカタログ」より(画像クリックで拡大します)

ここまでに至る道筋は、一朝一夕には行きませんが<「3×4」クロス・デザインマネジメント>のステップ2(仮説を開発テーマ設定)を経て、確実に商品案として現実化される仕組みがあります。一歩一歩慌てず、<発想と検証の組み合わせ>で誰でも良いゴールに辿り着きます。

事業は方向性を定めることが最初の難関

何と言っても新しいビジネスを興すために最も「悩ましい」のが、何をどうしたら良いのか見当もつかないことです。高度な専門的知識によって多くの情報を分析し「安全な方向性」を定めるのも結構ですが、事例のようにあなたのアタマとココロに起る「オリジナルな商いの思い」を大切にしてください。

「神戸ものづくり塾」に集結する資源で「三題小噺」をつくろう

私がお聞きしている事前情報では、「・・・洋服,貿易,製靴,製菓,生花等、様々な業種の方々のエントリー・・・」とお聞きしています。そこで、対象者=※ターゲット(ヒト)を神戸に来られる観光客とします。仮に,製靴業を事業当事者(モノ)に据え、売り場(バ)は洋服・生花・カフェなどとします。事例で示したような要領で「三題小噺」を創作してみましょうか!

【ヒト】
神戸は山坂あって大変って言うけど・・でも本当は路地を巡り拘りのお店を訪ねて欲しいね
神戸を隈無く歩いてマチの魅力を知ってもらいたい観光客にケミカルシューズを!


【モノ】
我が社は女性をターゲットとした歩きやすいシューズの製造を得意としてます(技術的資産)
歩きやすい!実現の根拠は幅広い世代の注文靴製造の知識を持ってます(知的資産)


【バ】
それじゃ、シューズの良さを体験してもらうほうがエエんとちゃうか・・・。エエ解決策はないか?
体験やったらここに集まっているお店に置いてもらって、自転車みたいにシューズをレンタルしたらどうやろう?


三題噺をまとめると・・・名所旧跡の観光に飽き足らないゲストさんに!「神戸を丸ごと楽しめる応援グッズ&サービス」という設定なら、シューズだけやなく、自分ら神戸で商売をしている者に取って結構な商売になりそうやなぁ(拍手)。

これを図にまとめると・・・

kobehitomonoba.jpg
画像クリックで拡大します

なんか、浪速の漫談のようになってしまいましたが、こんな調子でよろしい!ビジネスなんて言うと硬い感じがしますが、ぐっと身近な商売の儲け話になったでしょ?「どうです?そう思いませんか!」やっぱり商いの本場は関東ではなく関西や!

「神戸ものづくり塾」を受講する方々は、事例を参考に「自分だったらこんな商いの構想をする!」というイメージを今から発想してください。研修が楽しくなりますよ!受講を検討されている方は定員オーバーならないうちにエントリーすることをお勧めします!

■神戸の研修に興味のある方は下記へご相談ください
神戸市経済観光局 経済部 工業課
e-mail : kogyoka@office.city.kobe.lg.jp

新シリーズ デザインの「解放」宣言

2016年12月19日 13:42

元気な企業を創る新シリーズスタート!
デザインの「解放」宣言

「みんなのデザイン」が誕生しました!
2001年に明日香出版社さんから、『「ヒット!」商品開発バイブル』のタイトルで発表され、多くのモノづくり企業に導入いただいた「3×4」デザインプログラムを、15年ぶりの今年8月に、デザイン思考本「ワカルデザイン」とデザイン実践本「デキルデザイン」として全面改訂。デザイナー以外が使えるデザインメソッドとして「解放」しました。それが「みんなのデザイン」です。

デザインメソッド

この本はクルーのコンサルタント室から実験的に発刊されて、おつきあいのある企業さんと行政主催の研修で活用していただいています。

その評価は・・・

「ノウハウをここまで露にしますか!」

「具体的事例で分かりやすい」

などが多く、「みんなのデザイン」というコンセプトに、強い賛同を頂戴し心強く思っています。このブログではそんなコンセプトの真髄をわかりやすくお伝えして行きたいと思っております。これからも応援をよろしくお願いいたします!


弘前地域研究所での実験
hirosakipics.png
弘前地域研究所Web Siteより

最初に研修で導入いただいたのが、(地独)青森県産業技術センター 弘前地域研究所さんです。そこでは「売れて行くものづくり研修」(売れる!ではなく、売れていく!という戦略市場)と称して、昨年に引き続き県内の意欲的な企業さんが集まり、弊社商品の機能空間を創造する「ハウスインナー®」をベースとして、豊かなビジネスと暮らしを実現するアプリケーション開発を実践していただきました。

ハウスインナー2700白

一番の収穫は、「脳みそに汗をかいた」という受講者の共通体験で、「無意識に頭をもたげてくる分析心を押しとどめるのに苦労した」「意識しないと発想力は眠ってしまう」という声でした。その結果、この5回の研修で、デザインシンキングを底辺で支える「発想力」と、確実に「売れて行く戦略」に現実化する一貫した構想力を学んで頂いたようです。

IMG_7239.jpg

これからも続く、デザインの「解放」
今年度も残り少なくなってきまがたが、現在は栃木県主催の「ものづくり塾」全4回シリーズが進行中で、1月にプレゼンテショーションを迎えます。また、神戸市主催の4回シリーズも意欲的な塾が1月スタートします。このブログも長い間お休みをしましたが、新シリーズでまた「元気な企業をつくる」ニュースをお伝えして行きます。ご期待ください!

金沢行き「かがやき」車中にて



2015ライティング・フェア まとめ2

2015年04月02日 12:59

有機ELを次世代照明から「今、使えるあかり」に育てて、日本がこの分野の事業で国際競争に勝つ!
そのために、(公財)山形県産業技術振興機構とデザインは、「何をしたのか?」この辺りでまとめに入ります。旧)と新)の対比でデザインの仕事を見て行きます。

akarigae.jpg

旧)ニーズをリサーチし始める→新)ニーズの創作から始める
20世紀型のマーケティングはニーズを調査し、デザインはニーズを持つ人をターゲットに据え製品の色と形を創造します。しかし、いくらマーケットリサーチをしても、有機ELのニーズが浮かび上がってきません。ニーズがないからです。だとしたら僕らがニーズを創ればいい。これが(公財)山形県産業技術振興機構と確認した最初のデザインワークでした。
デザインによる進化
旧)対象物の美点を捉える→新)隠れた正体を抉り出す
技術サイドから懸命に有機ELの特徴を聞きます。しかし、その情報は専門家なら世界中の誰でも知っている定説です。僕らは無いニーズを発明するのに、どうしても自前の知識が欲しかったのです。そのために手づくりの有機EL装置を携え、全国の「良質なあかり消費者」と思われる人々を訪ね歩きました。1年間を費やしていくつかの重要知見を得たのです。これは(公財)山形県産業技術振興機構の知的資産としてストックされてる秘密事項です(笑)

artlightingboxw.jpg

旧)美点をもとに製品を企画する→新)正体から「はたらき」を創作する
一般情報から企画をすると有機EL照明器具のプランニングに移行してしまいます。それは、デバイスの表層的特徴を活かして、薄くて軽くていかにも未来チックな形に行き着きます。それが危険なのです。この場合、良いスタイリングは良いデザインとは言いません!そんなものはすぐ真似られます。だから照明器具の構想は後回し、有機ELの正体から有機ELだけが発揮する“外側からは見えない「はたらき」”を構想しなければなりません。ここからカリスマたちとの「共創」が始まり、3つの仮説を発明したのです。これこそが開発テーマで、テーマとは発明することなのです。これがあって初めてオリジナルなプロダクトにたどり着きます。

menhakkou.jpg

旧)照明企画から製品デザイン→新)「はたらき」で「解決策」をデザインする
「はたらき」を「解決策」に変換する。ようやく目に見えるデザインの入り口の前に立ちます。絵を描きたくて、描きたくてうずうずしてくる段階です。でもまだ最終製品スケッチは描きません(笑)。描くのは、“使う人がいて、困ったことがあって、解決される喜びのある映画のようなシーン“です。それが描けるとようやく扉の向こうに存在するオリジナルプロダクトが収まっている入れ物の蓋をあける資格が得られます。
hatarakikaiketu.jpg
旧)量産デザインと準備→新)テーマ発明と「共創」デザイン
優秀なデザイナーが、グッドデザイン賞やIFまたはレッド・ドットに選ばれそうなカッコいいプロダクトをデザインします。しかし、いくらかっこ良くても照明カタログのジャンル別ページに割り振られるようなプロダクトは、ユーザーの緩いニーズレベルに、鳥の羽で撫ぜられたように触れるだけで、「今はいらないな」と跳ねられます。
そうさせないためには、売り出す前にバーチャルプロダクトを創り、ユーザーを刺激すること!です。山形があかりショップまでつくり「クイックパッド」というバーチャルプロダクトを提示したのは、ユーザーの心にチクッと鋭い刺を刺し、「そうそうこれが欲しかった!」と、ニーズより強烈なウォンツをユーザー自身に発明させたかったからです。これこそ顧客との「共創デザイン」です。その「クイックパッド」が創ったのが「3つのあかり世界」だったのです。

着脱式OLED

ハウスインナーと創るホビーライフ産業

2014年05月26日 10:56

「有機ELと言えば山形」のキャッチフレーズのもと、ライティングフェアの報告を仕掛けたまま、予告無く1年以上の空白の後のブログ再会です。有機ELのその後については、現在進行中でもあり、あらためて最新状況を交えて書いてみたいと思います。

復帰初弾は、このブログに相応しく、中小企業が主役となる新しいビジネスモデルのお話から始めます。

まずは、他人のお話を語ることなどやめて、事業主体者として責任が持てる事例からお話ししたいと思います。それは、クルーが当事者として始めた「48PRODUCT」です。「ヨンパチブログ」の愛読者ならJrの報告でご存知だと思いますが、このブログの趣旨である「元気な企業をつくるデザイン」らしいお話をします。

ガレージングEXPOでハウスインナーの発表です!
いよいよ!5月30日東京ビッグサイトで『48PRODUCT』から『ハウスインナー』の発表です!・・・経営資源乏しいどこでもある普通の企業が、ちょっとしたセンスと、限りない夢、そして良い仲間に恵まれて、「生活デザイン産業創出事業」などという壮大な海に漕ぎ出した「ビジネスモデル」の発表会なのです。これは既存の「ものづくり産業」から、「生活をつくる産業」へ進化する!という高らかなメッセージです。

ハウスインナー

『48PRODUCT』は、当初僕個人の生き方を表した呼び名でした。それがクルーの正式な事業になり、やがて(一財)燕三条地場産業振興センターの正式事業に採択され、ビジョンに共鳴した地域の中小製造業が集い、事業を「共創」するまでに至った12年の成果をご覧頂きます。

こんなビジネスモデルです。
クルーがホビーライフのOSをつくりました。ホビー遊びの可能性をたっぷり含んだ夢の苗です。それを『ハウスインナー』と名付け、商標と特許を取得(予定)しました。それは、自分の住処で自分のセンスを発揮し、思う存分遊びを広げることができるOSです。そのOSが持つ機能を十二分に拡張するプロトコールと開発手順を、同じ志を持った企業に開示するビジネスなのです。今回は、そのOSを使って、燕三条のさまざまなホビーの達人(企業)がホビーのアプリケーションプロダクトを発表します。

ホビーライフセミナー

48PRODUCTの提案するホビーライフ
もちろん『48PRODUCT』だってOSを提供するだけではなく、ホビアプリケーションの提案をしますよ。ここだけはやりたかった!(笑)「クルマあそび」をつくことです。ビジョンを共有した企業は、OSを使って自らが考える「ホビーライフ事業」を興す。誰も支配しない。誰からも支配されない、共に自立しながら事業を育て合う「共創ビジネス」です。必要なのはビジョンの共有とホビーの楽しみを深めて行く志、ちょっとしたセンスと熱意です。いかがですか?こんな良い話はないでしょ?

ローバー・ミニ

しかし、上手い話にはそれなりの厳しい条件があるのが世間の常です。それを解説しながら、経営資源が乏しい中小企業が新たなビジネスを立ち上げる要件をお話しします。それは、いわゆる従来の経営資源(人・もの・かね・時間・情報)以外に、ハイセンス(ホビーライフ当事者の知恵)と、ハイマインド(熱い思い)。これさえあればOKなのです。誰のためでもなく自分が楽しみたいから!と思う気持ちが新たなビジネスモデルをつくったのです。5月30日にはその現物と、つくったホビーの達人に合えます。更に3日間かけて行なわれるガレージングEXPOの最終日6月1日(日)にはセミナーもございます。是非お越し下さい。



次回はその志を持ったホビーの達人をご紹介します、お楽しみに。

朝日新聞×HOME'S presents 朝日住まいづくりフェア2014 2014年5月30日(金)31(土)・6月1日(日)東京ビッグサイト